sxolastikos のすべての投稿

ブルーノvsペトラルカ主義

再びジョルダーノ・ブルーノがらみで、岡本源太「アクタイオンの韻文−−ジョルダーノ・ブルーノとペトラルカ主義の伝統」(『美学』第61巻2号、2010)という論考を読んでみた。アルテミスの裸を偶然見てしまった狩人アクタイオンが鹿に変えられ、猟犬に食い殺されるという神話を、ジョルダーノ・ブルーノが『英雄的狂気』で取り上げているというのだけれど、それが何のためだったかを問い直そうという主旨の論考。ブルーノはアクタイオンの猟犬を思考の比喩として示しているといい、この比喩自体はペトラルカ主義(petrarchism:文学事典的には、ペトラルカの諸作品の文体、とりわけ複雑な文法や言い回し、凝った比喩などを真似るという文学潮流だとされている)に根ざすものなのだそうだ。しかしながらブルーノは、ペトラルカとその追従者たちに批判的だったといい、とりわけペトラルカがメランコリーを讃える点について否定的なのだという。というのは、ブルーノはメランコリーを「黒胆汁による狂気」とし、思慮からはずれた無秩序な行為に走らせる当のものだと考えているからだ、と。報われぬメランコリックな愛の苦悩からの救済として芸術を位置づけるペトラルカやその追従者たちの理屈は、ブルーノに言わせれば「メランコリーによって混乱した思考が生み出す錯覚にすぎない」のだそうな。ではブルーノの理想とはどんなものなのか?論文著者によれば、それは移ろいやすく流転する自然の中で、同じように芸術もまた流転することを認識すること。さらには、流転しながらも万物の同一性が保たれるような無限の宇宙、流転する質料としての宇宙そのものを認識するということなのだという。で、アクタイオンの寓話を語り直したことも、そうした思想に支えられて、ペトラルカ主義者たちに対抗し批判する意図があってのことなのだろう、と結論づけている。

論考の中で、ブルーノの思想全体を「プラトンの質料主義的解釈」と見るという研究が紹介されていて興味深いのだけれど、そのあたりはあらためて見てみたいと思うので、とりあえず脇にどけておくと、この論考でそれ以外で面白いのは、なんといってもブルーノのそうした背景的思想と、ペトラルカ主義での芸術的理想との対比の部分。ペトラルカ主義の中では、文学的営みというのは報われない愛の苦悩を昇華する形で、愛しの人を卓越した永遠の存在へと変貌させることだとされる。なにやら身も蓋もない代償行為のような感じもしないでもないが(笑)、同論文では、この「永遠」への固定化という安直さに対して、ブルーノが流転概念で応戦する構図が示され、なにやら「静」対「動」という様相を呈していて興味をそそる。一方で、思うにペトラルカ主義のそうした昇華のスタイルはトルバドゥールの伝統などにも根ざしているはずで、だとするならそこには(トルバドゥールの場合のように)意図的にそうした不毛な恋愛関係ないし構図を作り上げようとするといった、どこか倒錯的な遊びのような感覚があることも見て取れそうな気がする。ブルーノのペトラルカ主義への批判は思想的背景以前にそれ自体でとても辛辣であることが同論文から窺えるのだけれど、そうした線で考えるならば、批判の激しさはもしかするとそういう倒錯的な遊びの部分をとりわけ糾弾しているのではないかしら、という気さえする。もちろんこれは現段階でのこちらの放言、あるいは俗っぽい感想でしかないのだけれども……(苦笑)。

14世紀の画家アルティキエーロによるペトラルカの肖像
14世紀の画家アルティキエーロによるペトラルカの肖像

初期ギリシア天文学(ティマイオス研 5.5?)

ペルセウス座流星群のピークの日に(笑)、少し古めの論文だけれど、ゴールドステイン&ボウエン「初期ギリシア天文学の新たな視野」(Bernard R. Goldstein, Alan C. Bowen, A New View of Early Greek Astronomny, Isis, vol.74(3), 1983)というのを見てみた。はるか後代のシンプリキオスやゲミノスの示唆にもとづくのではなく、そうした思想的バイアスや後世からの推測を極力排した上で、初期ギリシア天文学の姿を模索しようという論考。著者らはギリシアの天文学史を二つのフェーズに分けることを提案する。最初のフェーズは、恒星や星座の配置を問題にしていた段階で、紀元前5世紀以前を指す。当時はまだ日時や気象現象を星の出入りと関連づけて、暦を作成することが主要な関心事であり、コスモロジーや惑星の運動への科学的関心とは無縁だったという。著者らによれば、紀元2世紀中盤ごろのプトレマイオスが盛んに取り上げられたのと時を同じくして、それ以前のテキスト、とりわけアウトリュコス(前4世紀)以後の文献が失われてしまい、結果的にプトレマイオス以前の天文学者にプトレマイオスの思想、理論的モデルなどを見出そうとする傾向が、研究者の間でも助長されたのだという。著者らはそうした見方を批判し、最初のフェーズはあくまで暦(παράπηγμα)こそが関心の的だったと考えている。そしてその嚆矢となったのは、紀元前5世紀のメトン(メトン周期で知られる)かもしれないという。

紀元前5世紀ごろには日時計や日中の12分割などがバビロニアから伝えられたとされ(本当にそうなのかは検証の余地ありだと著者らは言うが)、その後エウドクソス(紀元前4世紀)から数学的な説明の気運が高まり、これをもって著者らは第二のフェーズの始まりとしている。ピュタゴラスの音楽学(紀元前5世紀)と、ピュタゴラス派やプラトンのコスモロジー的思弁(物理現象の説明というよりは、美的・倫理的秩序を表したものとされる)の影響を受け、エウドクソスは同心円的な惑星の動きを天文学に持ち込み、さらに地球圏と恒星圏に相当する二つの天球というモデルを打ち出したのだという。『ティマイオス』(成立もほぼエウドクソスの文献と同年代とされる)の多層的モデルはあくまでコスモロジー=道徳的理論の伝統に属しているのに対し、エウドクソスの図式(二層モデル)は「星々の出入りを説明したり、地理的研究の枠組みをもたらしたり、より数学的に洗練された日時計を正当化するため」のものだった、と論者らは言う。

エウドクソス以後は、様々な天文学者によってそのモデルの修正や批判がひとしきり行われ、アウトリュコスなどの著名な学者も出ているものの、紀元前3世紀になると、天文学者たちの関心が惑星のモデルから離れ、月・地球・太陽の距離や大きさ、月の満ち欠け、蝕の現象にまつわる研究などへと移っていくという。2世紀のヒッパルコスになると、バビロニアの天文学の諸成果がギリシアにも伝えられ、惑星現象や月蝕の周期について、数値にもとづく予測なども修得しているという。こうしてそれ以前の学問的伝統はいつしか忘れられていくことに……。とまあ、以上がだいだいの論考のメインストリームだけれど、上にあったような後世のモデルを先行する時代に安易に照射することに対する批判は、なんとも耳が痛い思いがする(苦笑)。


↑エウドクソスの肖像画(出典不明)

不可分論の黎明?

少数派とはいえ、一四世紀にそれなりに議論を展開する例の不可分論の陣営について、その発端はどこにあるのかを知りたいと思い、グルヤール&ロベール篇『中世後期の哲学・神学における原子論』(Grellard & Robert(ed), Atomism in Late Medieval Philosophy and Theology, Brill, 2009)という論集を見始めている。とりあえず最初のマードック「アリストテレスを越えて;中世後期の不可分なもの、および無限の分割性」と、レガ・ウッド「不可分なものと無限:点に関するルフスの議論」の二章を読んだだけなのだけれど、なかなか面白い。まず、マードックのほうは主な不可分論者、アンチ不可分論者をチャートでまとめてくれているほか、いくつかの当時の論点を紹介し、論者たちのスタンスと何が問題だったのかを、アリストテレスからの距離という形で、著者本人言うところの「カタログ」として提示してくれている。ギリシアの原子論にはパルメニデスの一元論への対応や自然現象の説明といった動機があったといい、アラブ世界の原子論(ムタカリムンという学者たち)には連続的創造という教義を通じて、すべての因果関係を神の一手に委ねるという意図があったというが、中世後期の原子論(ないし不可分論)にはそのような大きな、確たる動機が見えてこないらしい。とまあ、いきなり肩すかしを食らう(苦笑)も、気分を取り直して見ていくと、やはり嚆矢とされるのはハークレイのヘンリー(1270 – 1317)だということで、その「無限の不等性」議論などはやはり注目に値するものらしい。これはつまり、連続した線が無限の不可分の点から成るものの、異なった長さの二つの線を比べること、つまり無限同士の比較が可能だという話。ヘンリーは点同士が隣接できるとし、点が互いに接し居並ぶことによって大きさが増えると考えていたという。このあたり、神学も絡んで結構複雑な話が展開しているようだ。

ウッドの論考は、一四世紀の議論の大元のひとつとなったコーンウォールのリチャード・ルフス(1260頃没)の議論を紹介しまとめている。著作から読み取れるその議論は、必ずしも一貫してはいないようで、詳細な説明がない場合もあるようなのだけれど、各著作の摺り合わせを通じて、最適解を作り上げようとしている。それによるとルフスは点を「位置を取る限りで実体のもとにある」と考えているといい(点はもちろん不可分なものとされる)、点が直線の「質料因」(つまり起点をなしているということ)だという言い方をしていることから、唯名論的な概念世界ではなく、外部世界の形而上学的説明を目してることが考えられるという。点は無限に繰り返されて直線をなすのではなく、質料の点的な位置取りが繰り返されて線ができるのであって、点そのものが線を作るのではないとしているという。また球と線が接する場合についても、接するとはそもそも運動であり、接する不可分なものは連続的に移っていくのであって、連続体として(線の流れで?)接するのだと考えているという。このあたりは相変わらず微妙にわかりにくいところではある……。

今に活かす(?)ポリテイア

納富信留『プラトン−−理想国の現在』(慶應義塾大学出版会、2012)にざっと目を通す。日本では『国家』、英語圏では『The Republic』というタイトルが通例とされている(これにもそれぞれ歴史的経緯があり、決して古くからのものではないという)プラトンの『ポリテイア』について、その近代での受容史を辿り直し、同書を現在において検証する意味を探るというもの。とくに日本での受容史を扱った第二部について高い評価を付している書評をどこかで見たように思うのだけれど、個人的にはむしろ第一部が興味深い。ポパーによる全体主義批判的な読みをただちに誤読と切って捨てないで、受容史の中に位置づけ直して再検証しようとする。たとえばイラン革命のホメイニーは、西欧側からは全体主義を導いたと批判されるわけだけれど、当人はファーラービー、イブン・バージャー、アヴェロエスなどの思想的伝統を通じてプラトンの哲人統治論を受け継いでいたという。このあたりの指摘も興味深い(笑)が、肝心なのは次の点。実情として、現実世界での哲人統治論はすぐさま僭主政治へと堕落してしまう。プラトンの思い描いた理想国は、すべての市民が理性を発揮しつつ哲人の統治下に入り、自覚的に政治参与するというもので、それは「各自が勝手に支配階層としての権利を行使する」とされる民主制に対してすら対極をなすものだ、と著者は述べている。理想国の堕落は、プラトン自身も「三十人政権」の失敗で体験したことなのだともいう。それでもなお、自説にもとづく理想の政治、堕落の危険をつねにはらんだぎりぎりの政治を、プラトンはあえて掲げているのではないか、と……。さらに第三部。『ポリテイア』をめぐっては、それが政治哲学の書なのか倫理学の書なのかといった読みの対立もこれまでにあったというが、その齟齬のもとになっているのが九巻末尾のグラウコンとソクラテスのやりとりで、著者によると、ソクラテスが単に魂の在り方ばかりか理想的な政治活動をも目しているのに対して、グラウコンはメタファーとして非政治化して議論を捉えているのだという。その上で、プラトンの意図はイデア的な理想と魂の在り方との中間にあるのではないか、とまとめている。うーむ、受容史をふまえつつテキストそのものに戻り、受容史の発端を押さえようとするこの方法論がまた凛とした風情ですがすがしい(変な感想かもしれないが)。

この一週間のtweets : 2011-02-28から2011-03-06

  • New blog post : : ディオゲネスとアレクサンダー:逸話の「起源」 http://bit.ly/guuoPW 00:09:56, 2011-02-28
  • 某銀行のATMがソフトを更新したらしく、ボタン操作をすると二種類くらいで音が鳴る。月末の今日みたいに大勢が並んで操作していると、なにやら無機質な音楽の演奏みたいに(笑)。 14:33:08, 2011-02-28
  • ジャック・アタリの来日講演の映像もありますね。RT @monsieur0504: ニコニコ動画に「フランスちゃんねる」開設.フランス大使館に一体何があったんだろう.(笑) #nicoch http://t.co/zXMSX1e 22:43:13, 2011-02-28
  • 【希語】πτῶμα 瓦礫 "…ἀλλὰ ἔτι καὶ νῦν διακόσιοι ἄνθρωποι ὑπὸ τῶν πτωμάτων μένουσιν" AWN http://bit.ly/g00r6f 23:26:04, 2011-02-28
  • 【希語】 πρωτεύουσα 首都 "…οὐ μόνον μίαν διαδήλωσιν ἐν τῇ πρωτευούσῃ γενέσθαι ἀλλὰ καὶ ἄμα ἐν πολλαῖς ἄλλαις πόλεσιν." AWN http://bit.ly/g00r6f 23:32:13, 2011-02-28
  • Meadowにtwittering-modeを入れてみた。でもアイコン表示されない……。うーむ、謎。 01:10:59, 2011-03-01
  • あ、できた>アイコン表示。iキーでトグルか。 01:29:25, 2011-03-01
  • お〜、これは面白い書簡データベース。RT @medievalpecia: Epistolæ: Medieval Women's Letters http://bit.ly/gdSwSI 10:17:41, 2011-03-01
  • 入力テスト。Θαυμάζεται τῶν μὲν κατὰ φύσιν συμβαινόντων. 18:14:35, 2011-03-01
  • ふむふむ、多少慣れてきた>Meadow + twittering-mode 18:21:34, 2011-03-01
  • New blog post : : プセロス「カルデア神託註解」 18 http://bit.ly/fCPJ35 23:22:04, 2011-03-01
  • 「インセプション」を観た後で、少し間をおいて「エルム街の悪夢」のリメイク版を観たのだけれど……うーん、後者についてはさすがにコンセプトがちょっと古い感じ……。前者を観た後だと、夢の扱いにもうひと工夫があっても、とつい思ってしまう……。 12:21:13, 2011-03-02
  • Meadowに続き、調子にのって、しばらく使っていないCarbon Emacsにもtwittering-modeを入れてみる。leimでgreek-polytonicも使えるし。欧文打つのにquailのキーバインドはやっぱり直感的で良い。 13:20:13, 2011-03-02
  • アーサー王ものとか、浮世絵とかか。 RT: Le site des expositions virtuelles de la BNF pour prolonger les grandes expositions en ligne http://fb.me/TcwgzhAp 20:27:36, 2011-03-02
  • New blog post : : Meadowの設定 http://bit.ly/eYooLZ 01:23:31, 2011-03-03
  • アメリカ大陸発見が中世に遡るという話の物証? RT: 1,100-year-old canoe extracted from mud in Florida – http://ow.ly/1s6y0I (via @AntiquiTweet) 01:59:30, 2011-03-03
  • うっわー、なつかしい! RT: 私にとって大ニュース。スネークマンショーが復活! http://tinyurl.com/4c5tl3a (via @mizukawaseiwa) 14:56:38, 2011-03-03
  • げげ、でもwowowなのか……。うーむ……。 14:59:27, 2011-03-03
  • Brepolsの近刊情報出た。 RT: BREPOLS PUBLISHERS NEW: Catalogue Forthcoming Publications – Spring 2011 http://tinyurl.com/6gkcu7p (via @medievalpecia) 15:32:34, 2011-03-03
  • デューラーの版画か。いいなあ。RT: Un ensemble exceptionnel de gravures du peintre Albrecht Dürer en ligne sur Gallica! http://bit.ly/e02Gtq (@GallicaBnF) 18:21:47, 2011-03-03
  • RT: "j'ai honte, mais cette honte ne fera pas de moi un révolutionnaire" Michel Foucault http://bit.ly/gPeXZV @coulmont (via @SH_lelabo) 18:42:08, 2011-03-04
  • New blog post : : アルベルトゥスの「悟性」論? http://bit.ly/iiExGu 20:57:37, 2011-03-04
  • 一日遅れだけれど、昨日はバウムクーヘンの日だったんすね。wikipediaの「起源はギリシアのオベリアスで……」みたいな話を何度か目にしたのはそのせいだったのか。ὀβελίαϛって辞書で引くと、確かに「串にまいて焼いたパンの一種」とか出ている…… 15:26:43, 2011-03-05
  • ……どんなパンだったのか、すごく気になるんですけど……(笑) 15:27:23, 2011-03-05
  • くまには悪いけれど、笑ってしまいました。 RT: らばQ止まらないw くまさん大変なことにhttp://tinyurl.com/279woov (via @alcari_mns) 23:04:18, 2011-03-05
  • うわ〜、これはおいしそうです! RT: @sxolastikos やってみた方を見つけました。やはり見た目はきりたんぽ風。菓子パン生地でやったようですね。バームクーヘンBBQ楽しそう。 http://bit.ly/ayV9x5 (via @vellum8621) 23:19:43, 2011-03-05
  • 生地を巻き付けて焼くのって、なかなかよさそうですね。作ったのはプロのパティシエの方?こんなにうまくはいかないでしょうけれど、真似してみようっと(笑)。 23:24:46, 2011-03-05
  • New blog post : : プセロス「カルデア神託註解」 19 http://bit.ly/dS6a25 22:47:19, 2011-03-06
  • 【ラ語】furtum litterarium 盗用 "…propter dissertationem doctoralem furto litterario confectam…" radiobremen http://bit.ly/eauvOy 23:44:16, 2011-03-06