「古典語・古典学系」カテゴリーアーカイブ

帝政ローマ期の自然学

Plutarque, Oeuvres Morales: Tome XIII, 1ere Partie: Traite 59プルタルコスの『モラリア』から、第59論文の「自然現象の諸原因」を見てみた。底本はレ・ベル・レットル版『モラリア』の第13巻(Plutarque, Oeuvres morales: Tome XIII, 1ère partie: Traité 59, M. Meeusen, F. Pontani, Les Belles Lettres, 2018)。40項目ほどの、今でいうQ&A本だ。そこで取り上げられている自然現象の諸問題だけを見ても、当時の自然観がどんなだったか、当時の人々の関心がどこにあったかが浮かび上がってくる。扱われているトピックはどれも狩猟・漁・農耕生活に密着しているようなものばかり。問題への答えも、必ずしも明確ではなく、いくつかの仮説が平行して述べられていたりする。それぞれの話の出典とかも気にはなるが、まずは収録された話自体を楽しみたい。

たとえば、木々や種は流水よりも雨水によるほうが生育がよいとされ(問題2)、雨水が滋養を含んでいるとして重宝されていたことがわかる。雨水のうちでも、雷鳴や雷光を伴うもののほうが種の生育によいとされていたりもする(問題4)。雷は温かい空気と冷たい空気の衝突で生じるとされていて、仮説として、その際の熱が液体を熱するがゆえに木々の生育に有益になるのではないか、と述べられている(仮説は疑問符付きになっている)。

河川での船の運航が冬に遅くなるという話(問題7)では、冬は寒さのせいで水の密度が増し重くなる、という説明が示されている。冬は海水の苦さ(しょっぱさ?)が和らぐともある(問題9)。船酔いは河川よりも海でのほうが頻度が高いとも(問題11)。釣り糸の製造には牝馬よりも牡馬の毛のほうがよい、なんていう話も見られる(問題17)。ヤリイカが現れると嵐の前兆なのだとか(問題18)。

前半はこのようにおもに水(雨、海、水産)に関する話が集められているが、後半になると陸生の動植物の話がまとめられている。狩猟において満月の時期には動物の跡を追うのが難しいとか(問題24)、ブドウの木に葡萄酒をかけると木の乾燥が進んでしまう(問題31)とか。上の問題2に関連するかのように、問題33では、井戸水よりも雨水のほうが動植物の生育によいのはなぜかと問うていたりもする(いくつかの仮説が示される)。

末尾の問題41では、嫌な臭いのする植物(ニンニクや玉ねぎ)が近くに植えられていると、バラは香りがよくなる、という話が出ている。同様にイチジクの近くにヘンルーダがあると、ヘンルーダの強い臭いはますます強くなり、また栽培中のイチジクも、周りに野生のイチジクがあると臭いがそちらに流れ、栽培したイチジクの実はいっそう甘美になる、と。きつい香り成分がよりきつい香りのもとへと集まっていき、残りの部分はまろやかになるという理屈が示されているが、いずれにしてもいにしえの人々(ここでは帝政ローマ期か)もまた、香りのコントロールを十分に意識していたことが伺える。

テオフラストスの鉱石論

Les Pierres (Collection Des Universites De France Serie Grecque)今週もちょっと忙しかったので、とりあえず雑記的な簡易メモ。同じく平行して進めていた原典読みだが、短いテキストなのでわりとすぐに読了となったのが、テオフラストスの『石について』(Théophraste, Les Pierres (Collection des universités de France, Série grecque), trad. Suzanne Amigues, Les Belles Lettres, 2018 )。前回のセレノス本と同様、これも最近刊行されたばかりの希仏対訳本。鉱石論ということだが、植物誌などと同様に、形状や色によるの分類の話から始まって、そうした違いが生じる原因、さらにはそれぞれの石の利用価値・用途などについてまとめている。固着の原因としてとくに熱や寒さなどが挙げられている点や、鉱石の分類に機能的な諸特徴(可溶性、可燃性など)が用いられているところなど、師匠のアリストテレス譲りな点も多くみられる。熱することで一部の鉱石が金属に変化することなどを受けてか、テオフラストスは熱の問題にとくに注目している印象も受ける(これはこちらの個人的な関心のせいかしら?)。同じ分類の石でも産地によって性質の違いが生まれることなどにも着目していて、たとえば絵具として用いる石が、産地によって特徴が異なることなどに言及している。

セレノスの円柱曲線論

La Section Du Cylindre. La Section Du Cone (Collection Des Universites De France Grecque)ちびちびと原典読みをするのはなかなか楽しい。というわけで、このところ読んでいるのはセレノスの『円柱曲線論』。底本としているのは、同じくセレノスの『円錐曲線論』との合本になっている、つい最近刊行されたばかりの希仏対訳本(La Section du cylindre. La Section du cône (Collection des Universités de France grecque), éd. M. Decorps-Foulquier, trad. M. Federspiel, col. K. Nikolantonakis, Les Belles Lettres, 2019)。セレノス(アンティノポリスのセレノス、またはアンティノエイアのセレノス)は、後4世紀のローマ帝政期のギリシア人数学者。円柱曲線論、円錐曲線論の二作は、セレノスの代表作であり、唯一現存するテキストなのだとか。

まだ前半に相当する『円柱曲線論』の3分の1くらいしか読み進めていないけれど、内容的には幾何の教科書のようで、円柱を水平もしくは斜めに横断する断面がどのようになるのか、ということを、様々な例を挙げて多面的に解説していく。これとこれが平行関係なら、これとこれも平行になり、これとこれが同じ角度になる云々、といった記述が全編続いていく感じ。基礎的な幾何学なので、表記の癖のようなものに慣れれば意味を取るうえでそれほど問題はなさそうに思うが、思うにこれが文字だけの記述だったとしたら、理解するのも再現するのも難しかったろう。もちろんテキストには図がついている。これは校注版でもあるわけで、収録されている図版もきちんと整理され作図されているものになっている(18世紀の印刷本以来、そのようになっているらしい)。けれども、それだけいっそう、もとの手稿本はどんなだったろうか、と気になってくる。冒頭の解説序文によれば、現存するのは中世の写本ということで、それがオリジナルの図案をどれほど正確に伝えているかはわからないということだった。写本では距離の大小の関係などが正確には写し取られていない可能性が高いらしい。中世の写本工房では、もとの図の位置関係をそのまま保持しないのが通例だったからだ。また、円錐の底面などは、図案では楕円ではなく円で表されたりしているという。

初期ストア派のポリス観

コスモポリタニズムの起源: 初期ストア派の政治哲学 (プリミエ・コレクション)先週は半ばごろに体調を崩し、あまり読書も進まず、今週はぼちぼちと再開。そんな中、個人的な注目作となったのが川本愛『コスモポリタニズムの起源: 初期ストア派の政治哲学 (プリミエ・コレクション)』(京都大学学術出版会、2019)。多少ともキャッチ―な表題だけれど、博論ベースの本で、少し文章に硬さも残る研究書。扱うテーマがストア派ということと、しかもそのポリス観についての研究らしいということで、個人的には大いに盛り上がる。ストア派、とくにその初期のものについては、オリジナルの書物が失われていて間接的な証言しか手がかりがなかったりし、ある程度の状況証拠や推論で話を進めていくしかないわけで、そうした証言を読み込むだけでも大仕事だし、それらを捌いていく手際のよさも当然のように求められる。その意味ではすでにして労作だ。

現存していないキティオンのゼノン(前3世紀、ストア派の創始者とされる)の『国家』という著書では、知者たちから成るポリス(複数)が理想として掲げられ、その理想論は、知者同士は友愛によって結ばれ、婚姻制度や親子の扶養なども否定されるというラディカルなものだったという。ゼノンの孫弟子にあたるクリュシッポスともなると、この理想的ポリスは全宇宙的に拡大され、神々(元素など世界を構築するものすべてをそれに含めて)と人間(知者)の双方から成るポリス(単数)が夢想されていた、という。ここに、表題にあるようなコスモポリタニズムの端緒が見いだせるのではないか、というのが同書の賭金だ。初期ストア派のこれら二人の重鎮は、とみに現実の社会をラディカルに批判していたという。

では、知者のコミュニティからこぼれ落ちる知者以外の人間はどういう扱いになるのか、という疑問が残る。これについては、少なくともクリュシッポスはあらゆる人間に知者になる潜在性を認め、知者のコミュニティが開かれたものであることを主張しているという。それでも現実問題としてそうならない人間はどうなるのか。ゼノンはもっとあからさまな排除を意識していたのではないのか、などの疑問は残る。そのあたりは不鮮明なままなのだが、この問いは中後期のストア派(前1世紀ごろから帝政ローマ期)に現実的な問題として取り上げ直されるようだ。ただしそのころには、すでにしてラディカルなポリスの理想はより現実的な伝統重視の考え方となり(保守化といってもよい?)、婚姻や親子関係なども否定されず、むしろ自然本性に合致したものと見なされるようになり、コミュニティには見知らぬ異邦人なども包括されるようになり(ローマの属州が増えたことによる認識の変化だろうと著者は推測している)、知者以外の人間という問題自体がどこか雲散霧消しているかのようだ。逆にそれは、近代的な意味でのコスモポリタンの概念に重なっていくようにも思われる。同書の著者によると、ストア派全般のコスモポリタニズムは近代のものに対して、自然学的な普遍的原理(タイプ)に訴えて現実世界(トークン)に対応するというスタンス上の違いがあるというが、世界的に民族主義が台頭してきた昨今の政治状況の中で、ストア派的なものになんらかの批判力を持たせることができるか、もし持ちうるならどのようにストア派的なものを復権させることができるか、というあたりの問いが、とても気になるところだ。

テオフラストスの植物原因論

Théophraste Livres I et II: Les Causes Des Phénomènes Végétaux (Collection Des Universités De France)

『植物誌』を少し後回しにして、テオフラストス『植物原因論』の冒頭を、Les Belles Lettres刊の希仏対訳版(Théophraste Livres I et II: Les Causes Des Phénomènes Végétaux (Collection des universités de France), trad. Suzanne Amigues, Les Belles Lettres, 2012)で読んでいる。対訳版第一分冊の前半にあたる第1巻をとりあえず読了。『植物誌』は形状や特徴の分類・体系化が主なトピックなのに対して、こちらは少なくとも第1巻に関する限り、茎、根、花、葉、果実といったそれぞれの部分について、発生論的な議論を中心とした観察の数々が提示される。当然ながら植物の種類によっても同一部分は様々に異なっているわけで、記述は事例の併記のようになっていかざるをえない。たとえば実がなるはずの木に実がならないとき、どのような原因で阻害されているのかを特定するのは難しいところ。発芽と結実の起源だけでも一筋縄ではいかない。植物そのものの属性や、環境要因が指摘されたりもする。若い木は二次的な発芽が盛んだが結実は少ないが、それらには湿地の木々と同様に水分が多いという特徴が指摘される。一方で実をなす木、若くない木はそれなりに乾いていると指摘される。さらにまた季節の要因、寒暖なども絡み、実際にどの木がいつどのように実をつけるかはきわめて多岐にわたる……。

しかしながら、たとえそうした多様性に手こずりながらも、テオフラストスの基本姿勢は、アリストテレスの学派の継承者らしくというべきか、自然への信頼という点で一貫して揺るがないように見える。テオフラストスもまた、自然はその「最善へと向かう傾向がある」(ἀεὶ πρὸς τὸ βέλτιστον ὁρμᾷ)としているが、さらに続けて、人が手を加えること(θεραπεία)もその傾向に従うと記されていたりする。こうした人的介入についての楽観的・性善説的なスタンスは、すでにして随所に散見される。栽培や農法については3巻から4巻で扱うらしいが、まずは続く2巻が気候などの要因をさらに詳しく取り上げているようなので、そちらに取りかかろうと考えている。