「アルシ・エクリチュール論」カテゴリーアーカイブ

中国古典の画論を愉しむ

画論 (中国古典新書)ずいぶん前だけれど、以前とある翻訳作業の参考文献として購入した古原宏伸『画論 (中国古典新書)』(明徳出版社、1973)を、改めて引っ張り出して眺めている。書画に関する古人の論を集めたアンソロジーだ。先に古典のアンソロジーは愉しいという話をしたが、これなどもとても面白い。個人的には漢籍の素養というのはあまりないのだけれど、少しこういうアンソロジーでもって慣れていくのもいいかなと思っている。同書には様々な書籍のほんのさわりの部分が収められていて、それぞれは本文、読み下し文、訳、解説から構成されている(昔の漢文のテキストブックのようだ)。たとえば総論として巻頭を飾っているのは、張彦遠(9世紀の画家)の『歴代名画記』からの一節。そこでは、画と書が根源においては一体で分かれていなかったとされている。個人的に興味深いのは、石濤(17世紀後半に活躍した画家)による『画語録』からの「一画の章第一」。画法の基本は一画、つまり一本の筆線であるとする議論。それは存在の根本、形の根源であるとされる。こういうのを読むと、いろいろな形象の記憶が脳裏に浮かんでくる。たとえば児童が絵を描くときに最初に書き入れるという大地を表す根源の分割線とか、洞窟絵画で自然の線描を利用・延長して形象を書き入れていくときの律動のようなものとか……。一画は宇宙の果てまでもおさめてしまうとも言い、一画に始まって一画に終わらないものはない、とされる。うーむ、この概念の広がり、途方もなさ。また気韻論というのも興味深い。画面に漂う生命感・躍動感などのことを言うようなのだが、郭若虚(11世紀)の『図面見聞志』の一節からは、気韻が画面にゆきわたっていなければ、ただの職人仕事でしかなく、画とはいっても画ではないとされていて、職人仕事と芸術としての画がすでにして分かたれていること、それを分かつキーとなるのがその気韻の概念なのだということが示されている。

洞窟絵画

昨年末に上野で「ラスコー展」を見た。パリなどで開催された「ラスコーIII」をそのまま持ってきたもののよう。周知のとおり、ラスコー洞窟はオリジナルが劣化のために閉鎖されて、ラスコーIIというレプリカが一般向けに作られ公開されていたが、IIIはその移動可能バージョンらしく各地を回っている。で、本国では現地ドルドーニュにIVも完成したとのことだった。IVは洞窟全体のレプリカとなっているという。で、そのラスコーIII、展示は洞窟絵画の立体的な配置のほか、クロマニョン人が用いていた技術の再現映像などもあって、愉しいものではあったのだけれど、復元されたクロマニョン人の像というのがやたらと西欧人的な感じで、個人的にはそこだけちょっとどん引き(笑)。子供も楽しめる展示というコンセプトは成功しているようで、有名な「鳥人間」の解説パネル前で、親子連れがそれについて話をしている光景などが見られた。展示は2月の半ばすぎまで。

Le temps sacré des cavernes : De Chauvet à Lascaux, les hypothèses de la science図録には今一つ食指が動かなかったので、何か関連する面白い書籍は出ていないかと思っていたら、フランスでちょうど(たぶんラスコーIVに合わせて)、いわば先史時代に関する諸説の総覧的な解説書が出ていたので取り寄せてみた。グウェン・リガル『洞窟の聖なる時代』(Gwen Rigal, Le temps sacré des cavernes : De Chauvet à Lascaux, les hypothèses de la science, “Biophilia”, Éditions Corti, 2016)というもの。長年ラスコーIIのガイドをやってきたという著者が、洞窟絵画を中心にクロマニョンの文化をまさに語り尽くすという一冊。前半はクロマニョン人の生活などをめぐる考古学的総覧、後半は洞窟絵画をめぐる諸説についてのまとめ(アニミズム、シャーマニズム、トーテミズムなどなど)。ルロワ=グーランの50年位前の学説から、近年のショーヴェの洞窟発見に伴う洞窟絵画表現の進歩史観の見直しまで、こんな解釈もあればあんな解釈もあると、総花的な記述が主なので、分量もずっしりという感じになってしまっているが、学説のインデックスとして利用することはできそうだ。個人的にはその絵画表現の進歩史観の見直しというあたりに、とりわけ関心が向く。94年発見のショーヴェ洞窟(フランス、アルデーシュ県)の絵画表現が3万7000年前(最古のもの)にしてすでに完成の域に達していることを示しているといい、表現様式は単純なものから複雑なものへと移行していくという年代記的な見方を過去のものにしている、とされている。この、一揃えがパッと突発的に出てくるというビジョンも、もしかしたらアリなのではないかと最近は改めて思うようになった。いわゆる芸事やその他知的諸活動は(些細なものも含めて)、少数の瞬発的な才覚をもつ人々と、それを模倣し拡散していくより多くの人々があってはじめて広がるのではないか、と。そしてそれは、何も現代人に限ったことではないのかも、と……。

主体論の深度

〈私〉の哲学を哲学する先に触れたアラン・ド・リベラの主体の考古学は、歴史的な事象をアナクロ的に行き来しつつ、その主体という問題圏を多面的に(立体的に?)浮かび上がらせようとする試みと見ることができる。それはときに、思想史的な論究を越えて、その哲学的な問題そのものの深みに潜って行きさえする印象だ。それに類する哲学的な論究で、邦語で読めるものとして代表的なのはというと、永井均氏などの哲学的思索がある。というわけで、積ん読の山から、同氏ほかによる論集〈私〉の哲学を哲学する』(講談社、2010)を読んでみた。基本的に永井氏の一連の著作をめぐるシンポジウムの記録ということなのだけれど、参加している各人(入不二基義、上野修、青山拓央)の応答などが大変興味深い。個人的に永井氏の著作は網羅的に追っているわけでもないのだけれど、いくつかは既読なので、さほど抵抗感なく議論を追うことができる(ように思う)。議論はいくつかのトピックを中心にめぐっていく。その一つで、前半のメインになるのが、「無内包」の概念(語義的には概念が内包されていないということなので、これは妙な言い方になってしまうけれど)。「私」というものの問いを突き詰め、構造的にその成立条件へと遡ろうとするときに行き着く(そして問題となる)、実体的な拠り所のなさを語る言葉だ。

それはいわば前言語的な段階へのアプローチ。コンピュータにたとえるなら、機械語のレベルに遡る試みは現象学などにも見られるものの、こちら永井哲学はある意味、ほとんどBIOSにまで迫ろうとする話のようにも見える。もちろん、それ自体を高次の言語の側からのぞき見ることは不可能なのだけれど、その段階にあってもなお、なんらかの原初の痕跡をどこかに探れないかと健闘しているかのようだ。そんなわけで、そうしたアプローチの一つという意味では、永井氏の「第0次内包」や、入不二氏が批判的に示唆する「マイナス内包」といった区分けは、永井氏曰く「どちらでもよい」ような話ではある。もちろん、だからといってそれが刺激的な議論にならないわけではないのだけれど。

デカルトの言う「コギト」の内実もまた、現実でないわけにはいかない唯一のもの(上野氏)ではあるけれども、それ自体は前言語的な何かでしかない。それを考えるのが永井氏による主体の開闢論、ということになるわけなのだが、上野氏はそこに、ラカンのシニフィアンの構造(他者が言う「私」を、主体が自分を指す「私」として取り込むという逆転現象の理拠)とデイヴィドソンの真理についての根源的解釈(意味がわかるということは、その発話が真になる真理条件を知っていなくてはならない云々)を繋ぐという、とても意義深い解釈を差し挟んでいる。また、一方で青山氏が提起したような、様相理論で言うところの可能世界と、他者が主体として抱くであろう世界との差異の問題(様相と指標の大きな違いは、実在性についての直観だとされる)なども、同様に興味を誘うところだ(これに対する永井氏の応答では、氏の「独在論」に則るならば、どちらも「場所」と「発話の口」がないがゆえに、実在しえないとされる)……。分析哲学系の微細な話と、主体の構造的な捻れの話などが絶妙に接合されて、同書はとても豊かな意味論的空間を開いてみせる。もちろん、そうした問題に携わる際の、言語そのものに内在する不自由さのようなもの(それと格闘するのがすなわち哲学だ)も、如実に示されたりするのだが……。

「主体の考古学」の底流

L'Invention Du Sujet Moderne: Cours Du College De France 2013-2014 (Bibliotheque D'Histoire de la Philosophie)久々にアラン・ド・リベラを読んでみた。とはいえ、いまなお続いている「主体の考古学」シリーズの最新刊ではなく(そちらもそのうち見たいとは思っているのだけれど、なかなか着手できない……)、今回はコレージュ・ド・フランスでの2013年から14年の講義録『近代的主体の発明』のほう(Alain DE LIBERA, L’Invention du sujet moderne: Cours du Collège de France 2013-2014 (Bibliothèque d’histoire de la philosophie), Paris, J. Vrin, 2015 )。リベラの思考や参照は、相変わらず中世にとどまらず、近現代などとも盛んに行き来する。さながら、古楽演奏の大御所が必ずしもバロックにとどまらず、いつしか古典派やロマン派などにまで解釈を広めていったりもするかのようだ。ただ今回は講義録ということで、いくぶん読みやすくはなっている。主体についての議論ということでまずはフーコーが引き合いに出されているのだけれど、実は一連の議論の発端には、ニーチェ(魂、自己、主体は三つの「迷信」だとする)があったことをリベラは告白している。

近代的主体概念は一般にカントに始まるとされ、さらにその後のハイデガーなど、その思想圏の中心にはドイツがあったというふうに描かれる。リベラはそれをさらに遡ろうとし、まずは教会制度の仲介を経ないで信者が神と向き合うようになった14世紀初頭の神秘主義(エックハルトなど)に、主体概念成立の萌芽を見る。前々回の記事で取り上げたケーニヒ・プラロンの議論では、そのドイツの神秘主義は、フランスを中心とするスコラの伝統へのアンチとして、ドイツのある種のナショナリズムに絡んで復元されたという経緯があるらしいが、ここでのリベラはむしろ、ドイツに奪取された近代的な主体概念の歴史をいわば脱構築して、ふたたび覇権をフランスやイタリアに取り戻そうとしている感じにも読める(これは多少穿った見方だけれど)。主体概念成立に多少とも寄与した論者たちとしてリベラが参照するのは、ペトルス・ヨハネス・オリヴィ、アクアスパルタのマテウス、さらにはオーベルニュのギヨームだったりする。それぞれの議論が、はるか後世のハイデガーやニーチェの議論のレンズを通して立体的に捉えられる。もちろんそれはある種のアナクロニズムなのだが、その考察を通じて、主体の成立に何が必要だったのか、どのような認識、どのような構造がそうした主体概念を支えてきたのかを考え直そうとする。そんなわけで、これは単なる思想史の枠にはとうてい収まらない(ゆえにリベラのような大御所ではければできないし許されない類の)、まさしく哲学的営為になっている。

時間の空間表象の問題……

Principes De Linguistique Theorique (Lecons De Linguistique De Gustave Guillaume)少し前に言及した、独特な観点をもっていたという言語学者ギュスターヴ・ギヨーム。その未刊行文書集(当時)こと、『理論言語学の諸原理』(Gustave Guillaume, Principes de linguistique théorique (Lecons de linguistique de Gustave Guillaume), (dir.) Roch Valin, Klincksieck, Paris, 1973)が届いていたので、さっそく目を通し始める。基本的には講義録のようで、1938年から60年までソルボンヌの高等研究実習院での講義を集め、それらを体系的に組み替えて並べてみたという一冊。読み進めながら気になるところなどあれば、メモしていきたいが、とりあえず冒頭の1952年から53年度の開講講義を読んでみた。そこでは、ギヨームがみずからの研究を振り返り、ごく簡単なまとめを示している。なるほど、自身の初期の研究が冠詞論で、ラングからスピーチアクトへの「現働化」(これがアリストテレス的と言われるところ)の問題を問うことになったのはその文脈においてだったことが示されている。

けれども個人的にもっと惹かれたのは、その後に取り組むことになったとされている動詞の時制の問題。そこではなんと、時間の空間的表象の問題を取り上げているのだという。これはちょっと見るからに面白そうだ。たしかに時間を図形的(直線も含めて)に扱うというのは古くからあるけれど、なぜそういう表象になっているのかはよく解せない。中世後期の論者たちなどは、これまたアリストテレスに準じて、直線上の点の無限分割を、時間軸における瞬間の無限分割に重ねるのが一般的だが(メルマガで見ているビュリダンなどもやっている)、その一種の図形指向そのものが問われることはなかったように思われる。読んでみないことにはなんとも言えないが、そのあたりに関するギヨームの言語学的議論がどのような広がりを見せているのか、とても気になるところ。