「古楽じゃないが……」カテゴリーアーカイブ

【要約】アリストテレスの音楽教育論 2

Politics (Loeb Classical Library)様々な種類の音楽によって、人の魂はなんらかの熱意をかき立てられる、とアリストテレスは言う。その最たるものは、ミメーシスの場合だ(情感をなぞった音楽、ということか)(1340a.13)。音楽は快をもたらし、徳は快や愛憎をめぐるものなのであるから、判断の正しさとか性格や行為の善良さとかよりも、そちらをこそ学ぶべきなのだ、とされる(1340a.15)。ここでは音楽が、徳性の基礎に関わっていることが示唆されている。続いてアリストテレスは、リズムや旋律には猛々しさや穏やかさ、勇ましさや中庸さなど、相反する性格の表象が含まれるし(1340a.18)、実際にそうした情感を感じるときに近い追体験をもたらす、と記している(1340a.23)。

要は、視覚芸術などと違って、音楽の場合にはそれ自体の中に、性格の再現が含まれているということだ(1340a.39)。旋律一つとってみても、そこには喚起される情感の異なるいくつかの種類(旋法)があり、悲しげで抑制的なミクソリディア、より穏やかで落ち着いたドリア、より熱意を喚起するフリギアなどがある(1340b.1)。リズムについても、より落ち着いたものもあれば、より情感的なものもあり、この後者はよく知られたものや、より自由なものに分かれる(1340b.8)。

このように音楽がある種の情感をもたらすのは明らかなのだから、子供を音楽へと促し、音楽教育を施す必要は明白である(1340b.12)とアリストテレスは言う。そしてまた、その教育も若者の性質に適したものとしなければならない(1340b.14)、若者の年代は、なんらかの口当たりの良さがないものを受け付けないが、音楽はもとよりそうした快を含んでいるものなのだ、とされる。ここから次に(ここから第6章)、具体的な教育の方法などへと話が展開していく。(続く)

【要約】アリストテレスの音楽教育論 (1)

『理想』のアリストテレス特集号(理想 第696号 特集 アリストテレス―その伝統と刷新、理想社、2016)にざっと眼を通してみた。注目のトピック(流行の?)としては「無抑制(アクラシア)論」などがあるようだけれど、個人的には立花幸司「哲学業界における二つの不在−−アリストテレスと現代の教育哲学」という論考が気になった。これによると、アリストテレスにはまとまった教育論のような著作がないせいか、その教育哲学をめぐる研究もまたさほどなされてはこなかったのだという。うーむ。でも、個人的には、つい先日まで読んでいた『政治学』の末尾部分など、なかなか面白いように思われたのだけれど……。というわけで、ふと思い立ったので、その末尾部分の中心をなす音楽教育についての話を何回かにわけて要約してみることにする。『政治学』第8巻第4章の中程からだ。

* *

アリストテレスはまず、目的がはっきりしている読み書きや体育とは異なり、音楽の場合、なぜにそれを、とりわけその演奏を学ぶのかが問題になると指摘する。それがどのような潜在性(δύναμις)をもっているのか、睡眠や泥酔のときのような安楽と休息のためなのか、それとも音楽にはなんらかの徳性をもたらすことができるのか、が問われる(1339a.11)。この設問に、アリストテレスはまず一般論的な見地から、学ぶことというのは本来安楽ではなく苦しいものだと述べ、楽しみの追求は不完全な存在である子供らに知的な快楽を与えるのは適当ではないと自答している。ではなにゆえに音楽の演奏技術を(他人が演奏する音楽を楽しむのではなく)学ぶのか(1339b.6)。

(ここから第5章)この問題にアプローチすべく、アリストテレスは、音楽というものがそもそも教育に含められるべきなのかどうか、音楽は教育、遊び、娯楽のうちのどの利用において効果的か、を問うていく。ありうべき解答の一つとして、まず音楽は最も喜びをもたらすものの一つに数えられるのだから、そのことをもってしても、音楽は子供の教育に含められてしかるべきだ、という議論が取り上げられる。喜びは最終的な目標(教育の?)にも適合するが、安楽の獲得にも適合する(1339b.25)。そのためこの安楽のほうに、人は流されていきやすい。喜びそのものが目的化してしまう、あるいは最終的な目標がもたらす快(それは将来的な快だ)と、その刹那的な喜び(それは苦役などの過去的なものから反動的に生じる快だ)とを取り違えてしまう(1339b.32)。ここでのアリストテレスはそうした喜びによる議論に否定的に見える。

けれども音楽の場合には、単にそれだけにとどまらない。演奏もまた安楽をもたらす源となるからだ(1339b.40)。その場合の快は、そうした苦役からの解放といった意味での快にとどまらず、別様の快、人の性格(エートス)や魂にまで影響する快でもありうる(1340a.6)。音楽はそれを学ぶ者に、そうした影響力をもちうるのではないか、と。こうしてアリストテレスの分析は、ここから音楽がもたらす心的作用のほうへと移っていく。(続く)

アルヴォ・ペルトにハマる

ペルト:フラトレス(兄弟)/フェスティーナ・レンテ/スンマフランスあたりだと夏至は音楽祭なんかをやったりするので、こちらもそれにあやかって、少し遅ればせだが今日は久々の音楽ネタ。個人的にこのところハマっているのがアルヴォ・ペルト(1935〜、エストニアの現代作曲家)。これがなかなか味わい深い。基本的には同一音型の反復を多用するミニマル・ミュージックなのだが、バロックもののような音型の多用とか、対位法的な作り方、落ち着いたテンポなどなど、どこか懐かしい包容力のある音楽という感じがする。宗教曲はもちろん、それに限らず全体的に、どこかコズミックなイメージを喚起する。というわけで、CDもいくつか集中的に買ってみた。たとえば室内楽『ペルト:フラトレス(兄弟)/フェスティーナ・レンテ/スンマ』(8.553750)。古楽アンサンブル用の楽曲ながら、みずからいろいろな編成用にアレンジしているのだそうで、ナクソスのCDでは77年のオリジナル(管楽八重奏と打楽器のための)から92年版(ヴァイオリンと弦楽、打楽器のための)までが入っている。さらに78年の「スンマ」や88年の「フェスティナ・レンテ」も収録されている。

Part: Tintinnabuliペルトは70年代以降の自作の様式をティンティナブリと呼んでいるのだそうだが、ちょうどタリス・スコラーズが新譜『ティンティナブリ(Part: Tintinnabuli)』(CDGIM 049)でペルトを取り上げている。声楽でもそのミニマル感は残っているし、さらにいっそうコズミックな響きを連想させる。今年の「ラ・フォル・ジュルネ」でも演目として取り上げられていた82年の『ヨハネ受難曲(Passio Domini Nostri Jesu Christi Secundum Joannem)』(8.555860)も同様に秀逸。こちらはトヌス・ペルグリヌスによる演奏。そして極めつけの『鏡の中の鏡‾ペルト作品集(SACD)(Arvo Part:Spiegel im Spiegel)』(8847)。1978年の作品で、このSACDではヴァイオリン&ピアノ、ヴィオラ&ピアノ、チェロ&ピアノの3バージョンが収録されている。美しい旋律の繰り返しが、どちらが主旋律でどちらが伴奏なのか判然としないまま、微妙に交錯したまま並走していく。なんとも絶妙(NHK FMの「きらクラ!」でも昨年何度か取り上げられていた)。YouTubeでは、田舎の雪景色を走る列車の車窓の映像と合わせたもの(下参照)とかが出ていたりする。これもいいけれど、個人的にはやはり新緑のころ、あるいは晩夏ごろの田舎の山道を走るバスの車窓の眺めへのBGMにしてみたい、と思ったり(笑)。

Passio Domini Nostri Jesu Christi Secundum Joannem

鏡の中の鏡‾ペルト作品集(SACD)(Arvo Part:Spiegel im Spiegel)

伊福部音楽祭とゴジラ本

リュート属の楽器を弾く伊福部昭(パンフレットから)
リュート属の楽器を弾く伊福部昭(パンフレットから)
ちょうど老親がショートステイに行っていることもあって、この日曜、久々の息抜きに「第四回伊福部昭音楽祭」というイベントに行ってきた。なんだか一足早い夏休みモードだ。伊福部生誕100周年と、ゴジラ誕生60周年のいわば合同イベント。目玉は後半の、1954年版『ゴジラ』にオケの生演奏を付けるという出し物だけれど、むしろ個人的には前半が楽しみだった。というのも「日本狂詩曲」「シンフォニア・タプカーラ」の生演奏だったから。「日本狂詩曲」は「校訂版」の初演なのだそうで、確かにテンポ設定などがCDなどで聴くものと違っている(全体的に速くなっている)感じで、あの踊り狂う感じがいや増している。踊り狂う感じといえばむしろ「シンフォニア・タプカーラ」のほうが圧倒的というのが従来の印象だけれど、今回は「狂詩曲」のほうが爆発的だったせいか、「タプカーラ」の演奏は逆に少し抑制されているようにも思えた(笑)。とはいえ、クライマックスはやはり大いに盛り上がる。

後半の生演奏版『ゴジラ』は、まずもってトーキー映画に生オケという組み合わせの意外性が興味をそそった。無声映画での生演奏は結構ある(昔見た映画版『ばらの騎士』の生オケ伴奏って、たしか会場が今回と同じオペラシティのホールだったような気がする)けれども、トーキー以後のものはそんなにはないと思う。セリフや効果音はそのままに、伴奏の伊福部音楽だけを抜いて、そこに生演奏を加えるというわけなのだけれど、試みとしてはなかなか面白いものの、途中まではオケのほうに注意が行っていたものの、次第に映画そのものに見入ってしまい(オリジナル版『ゴジラ』は3月にCSチャンネルで数十年ぶりに見たものの、やはり何度見てもそれなりに作品に入り込んじゃう)、そうなると生演奏かどうかということはまったくどうでもよくなってしまう(笑)。その意味で、この試みは成功していたのかどうか……(苦笑)。ちなみに和田薫指揮、オケは東京フィルハーモニー交響楽団。

神曲 煉獄篇 (講談社学術文庫 2243)いやいや、でもこの企画そのものは大成功だったと思う。前半も後半も評論家の片山杜秀氏によるトークが入り、特に後半ではオリジナル版の主演だった宝田明氏が登場。その宝田氏、ゴジラという存在を、地獄・煉獄・天国のすべてを含み持ったような存在として、ダンテの『神曲』になぞらえていたのがとても印象的だった。ちょうど原基晶氏の新訳が続々と刊行中であるだけに(『神曲 煉獄篇 (講談社学術文庫 2243)』が出た模様)、意外なところでダンテの『神曲』が出たことに、個人的に盛り上がる(笑)。そういえば片山氏がパーソナリティを務めるFMの「クラシックの迷宮」では、4月末と5月末(伊福部昭の誕生日だ)に伊福部特集を組んでいた。「協奏風狂詩曲」「ヴァイオリン協奏曲2番」「ラウダ・コンチェルタータ」などを放送していたと思う。さらに同じくFMの5月の「吹奏楽のひびき」でも、「吉志舞」「ブーレスク風ロンド」(ゴジラ映画で自衛隊登場時に流れるあの音型のもと)などを放送していた。

ゴジラの精神史 (フィギュール彩)さて、ゴジラといえば、小野俊太郎『ゴジラの精神史 (フィギュール彩)』(彩流社、2014)もお薦めしておこう。かつて『モスラの精神史』で、その映画世界を支えていた多層的な文化リソースの数々を浮かび上がらせた同著者による、まさにベストタイミングでのゴジラ論だ。複合的な作品としてゴジラを見直すための、とても有益なガイドになっている。ゴジラ関連の著書というのは先行文献が多々あるので、著者も述べているように相当に書きにくい題材なのだろうと思うけれど(筆致にもそれが現れているように見える)、それでもいろいろと腑に落ちる話が満載だ。たとえばオリジナル版『ゴジラ』で、民間のサルベージ会社に務める主人公が沿岸警備の船に乗り込むなんて、今では考えられないようなシチュエーションだけれど、54年当時、サルベージ会社は公的機関からの委託を受けて、沈没船の撤去や港湾の浚渫に関わり、戦後復興に貢献していたことが反映しているのだという(p.41)。あるいは伊福部との関連では、たとえば上の「吉志舞」が、古代の歌謡や舞の伝統にどう連なるかなどが取り上げられている(p.136)。

今年もLFJ(初日)

毎年のように期間中一日だけ行っている「熱狂の日」音楽祭だけれど、今年も昨日の初日に5公演をハシゴした。というわけで、印象を簡単にまとめておこう。今年はフランスの近代音楽(&スペインもの)ということで、なんとなく去年などより人出が多かった気がする。個人的に、3月にラヴェルの「ヴァイオリンとチェロのためのソナタ」を生音で聞く機会もあり、なんだか今年はラヴェルづいている感じ。そんなわけで一つめはエル=バシャのピアノでラヴェルのピアノソロ曲。「亡き王女のためのパヴァーヌ」「鏡」が含まれたプログラム。改めてラヴェルの良さを味わう。続くバル=シャイのピアノはクープランの名曲集。チェンバロではなくピアノで聴くクープランは久々だけれど、なかなかオツなものだった。「神秘的バリカード」のテンポの速さとかいろいろ面白いところもあってとても満足。三つめはディレクターのルネ・マルタン選曲のク・ド・クール。毎年やっている特集コンサートだけれど、個人的には初めて。ここでも前半のラヴェル「ピアノ協奏曲ト長調」がむちゃくちゃ面白い。いいねえ、ラヴェルは。でも、このコンサートの印象をすべてかっさらっていってしまったのは、なんといっても最後に登場したカスタネット奏者のおばちゃん(ルセロ・テナ)。いや〜すごいっすね、このパフォーマンス。PA通してるにしたって、オーケストラに負けないカスタネットって、いったい……(笑)。リチェルカール・コンソートは予定してたソプラノ歌手(セリーヌ・シェーン)が来日できず、器楽だけに曲目も変更しての演奏。マレ「ラ・フォリア」とかが追加されていて個人的には嬉しいものの、落ち着いて聴けるのはいいのだけれど、少し何かが物足りない気も……(苦笑)。最後はスペインもので締める。ファリャとロドリーゴ。とくにこの後者は「アンダルシア協奏曲」で、ギター四重奏が予想通りど迫力。

IMG_0393