中世のイリアス

失礼して再びガンダム話から入ろう(30周年なのでご勘弁)。最初期のガンダムがギリシアっぽいリファレンスに満ちているのはよく知られたところ。ホワイトベースを敵側は「木馬」と呼ぶし、シャアのヘルメットもどこかギリシアの軍の装備を思わせる。ZガンダムのZも「ゼータ」と読ませるし、ティターンズっていわゆるティタン(ウラノスとガイアの子たち)だし……云々。でも、戦場で一部のエリート戦士同士がライバルとして一騎打ちをするという構図は、ギリシアというよりもむしろ中世の騎馬試合のような感じでもあり(苦笑)、全体としてこれはどこか中世的プリズムを通して見たギリシア像を下敷きにしている印象を受けたりもする……。

とまあ、そんなこともあって(笑)、一度読みかけて中断してあった『イリアス–トロイア戦争をめぐる12世紀の叙事詩』(“L’Iliade – épopée du XIIe siècle sur la guerre de Troye”, trad. Francine Mora, Brepolis, 2003)を少しばかり眺め直してみる。1183年から1190年ごろに、エクセターのジョゼフという英国の聖職者が書いたラテン語の叙事詩の一部を羅仏対訳で収録した本。これの序文に、トロイア戦争の中世での受容に関してのごく簡単なまとめがある。それによると、ホメロスの『イリアス』『オデュッセイア』のギリシア語原典がビザンツの大使からペトラルカにもたらされるのが1353年だそうで、それ以前には、1世紀ごろのラテン語訳イリアスを始めとする各種ラテン語版のトロイア戦記(4世紀から6世紀にかけてのもの)がまずあって、次に11世紀以降に詩人たちが古来のテキストをもとに詩作を始め、さらに12世紀から13世紀にかけてラテン語版の叙事詩と、それに次いで世俗語版が多数出てくるのだという。トロイア戦争ものは、「11世紀から12世紀にかけて、詩的想像力の特権的トポスになった」のだそうだ。そうした動きの背景に、12世紀ごろの都市化と識字率の高まりや、系譜への関心の高まりなどがあるという。まさに12世紀ルネサンスの中核部分を占めていたというところか。

第一節(1)

先のマリオンの論に触発されたこともあって、アウグスティヌスの『善の本性について』(De natura boni)も粗訳で眺めていくことにしよう。

Summum bonum, quo superius non est, Deus est; ac per hoc incommutabile bonum est, ideo vere aeternum et vere immortale. Caetera omnia bona non nisi ab illo sunt sed non de illo. De illo enim quod est, hoc quod ipse est; ab illo autem quae facta sunt, non sunt quod ipse. Ac per hoc, si solus ipse incommutabilis, omnia quae fecit, quia ex niholo fecit, mutabilia sunt. Tam enim omnipotens est ut possit etiam de nihilo, id est ex eo quod omnino non est, bona facere, et magna et parva, et caelestia et terrena, et spiritalia et corporalia .

それ以上にすぐれたものが存在しない至高の善、それが神である。ゆえにそれは不変の善であり、真に永遠かつ真に不滅である。他の善はすべてそこから生じる以外にないが、その一部をなしているのではない。その一部としてあるのは、みずから在るものである。逆にそこから創られたものは、みずから在るのではない。ゆえに、それだけがみずから不変であるのなら、それが創ったすべてのものは、無から創ったものであるがゆえに、変わりうる。神はかくも全能であるがゆえに、無から、つまりいっさいがないところから、大きいものだろうと小さいものだろうと、天のものだろうと地のものだろうと、霊的なものだろうと物体的なものだろうと、善を創ることができるのである。

ガンダムも30周年(笑)

閑話休題という感じだけれど、今年はMacintosh誕生から25周年なのだそうで、CNET Japanのページでも特集が。昔はMacは高かったので、何度か購入を見送り、PC-98からDellのAT互換機に乗り換えたあたりに勢いでPowerBook 160(だったかな?白黒のやつ)を購入したのが初Macとなった(そんなわけで、根っからのMacユーザではないのだが)。その後のLC630とかは、ほんの2年くらい前までいじっていた(笑)。今はiBook G3がUbuntuマシンになっているほか、メインはiMac G5で、これもちょっとくたびれてきたかな(まだまだ使えるけどね)。

○○周年といえば、アニメの『機動戦士ガンダム』も、ファースト(1年戦争のやつ)からちょうど30周年なんだそうで。サイトもあるみたい。どおりで元日に、TV神奈川でファーストの劇場版3部作を一挙放映していたわけだ(どこぞのアニメチャンネルでは、TV版43話をすべて放映したそうで)。録画して久々に見たが、とても懐かしかった(オリジナルのTV版をリアルタイムで見た世代なので)。これ、今見ても鑑賞に耐える(というか実によく出来ている)のは、メカ描写などに惑溺せず、ちゃんと人間ドラマになっていたからかしらん、と改めて思う。で、その勢いで、続編にあたる『Zガンダム』の再編集劇場版3部作もDVDで借りてみたけれど(こちらは通しで見るのは初めて)、これはちょっとついていけなかった(爆笑)。「ニュータイプを戦争の道具にしてはいけない」みたいなことを言っていたシャアが、しっかり自ら戦争の道具になっているってのも、ちょっとなあ(笑)。話もなにやら薄い感じで、どこか行き当たりばったりに戦闘が開始されるような印象。作戦もクソもないでないの。キャラクターたちの情緒不安定さ(というか、何を考えているかいまひとつわからん感じ)って、放映当時(86年くらいだっけね)のいわゆる「新人類」を上の世代が見たらこういうイメージだったかもね、とか、随所に当時の世相の反映を強く感じたり。

断章9

Πᾶν γενητὸν ἀπ᾿ ἄλλου τὴν αἰτίαν τῆς γενέσεως ἔχει, εἴ γε μηδὲν ἀναιτίως γίνεται. ἀλλὰ τῶν γε γενητῶν ὅσα μὲν διὰ συνθέσεως κέκτηται τὸ εἶναι, λυτὰ ἄν εἴη καὶ διὰ τοῦτο φθαρτά. ὅσα δὲ ἁπλᾶ καὶ ἀσύνθετα ὄντα ἐν τῷ ἁπλῷ τῆς ὑποστάσεως κέκτηται τὸ εἶναι, ἄλυτα ὄντα ἐστὶ μὲν ἄφθαρτα, γενητὰ δὲ λέγεται οὐ τῷ σύνθετα εἶναι, ἀλλὰ τῷ ἀπ᾿ αἰτίου τινὸς ἀνηρτῆσθαι. τὰ μὲν οὖν σώματα διχῶς γενητὰ καὶ ὡς ἁπ᾿ αἱτίας ἠρτημένα τῆς παραγούσης καὶ ὡς σύνθετα, ψυχὴ δὲ καὶ νοῦς γενητὰ ὡς ἀπ᾿ αἰτὶας ἠρτημένα μόνον, οὐ μὴν καὶ ὡς σύνθετα· τὰ μὲν ἄρα σώματα γενητὰ καὶ λυτὰ καὶ φθαρτά, τὰ δὲ ἀγένητα μὲν ὡς ἀσὺνθετα καὶ ταύτῃ καὶ ἄλυτα καὶ ἄφθαρτα γενητὰ δὲ ὡς αἰτίου ἠρτημένα.

生まれるものはすべて、なにものも原因なくして生まれるのでない以上、他に生まれる原因がある。しかしながら生まれるもののうち、複合によって存在を得るものは、解かれうるのであり、それゆえに滅しうる。単一で複合によらずに存在し、基体の単一性において存在を得るものは、解かれることもなく滅することもなく、それが生まれたものと言われるのは複合によるのではなく、なんらかの原因に従属しているからである。物体は二様に生まれる。つまり、それを生み出す原因に従属して生まれるとともに、複合体として生まれる。一方の魂と知性は、原因に従属して生まれるのみであり、複合体としては生まれることはない。物体は生まれ、解かれ、滅するが、その一方で、複合によるのではなく、それゆえに解かれず滅しないものとして、生まれたのではないと言えながら、原因に従属しているものとしては生まれたと言えるものもある。

命題の理論?

アラン・ド・リベラの『空虚な参照–命題の理論』Alain de Libera, “La référence vide – Théories de la proposition”, PUF, 2002)を読み始めているところ。例の分析哲学系のトロープス理論(個物として諸属性のみの実在を認めるというもの)との絡みでアベラールを論じている箇所を先に見ていたら(なるほど分析哲学系の人たちがアベラールをトロープス理論の先駆として読み直しているという動きがあるわけね……ド・リベラはそれに違和感を表明している)、いろいろ略語とか同書内部でのお約束ごとがあるため、結局頭に戻って読み進めるしかないということになり、そんなわけでまだ全体像が今ひとつ見えないのだけれど、最初の方の章を導いているのはフレーゲの「第三の王国」の話(意味というものが、叡智界に独立して存在するという立場)で、その源流を中世の論理学・存在論に考古学的に探ろうということらしい。12世紀の逸名著者による「アルス・メリドゥーナ(Ars Meliduna)」などが取り上げられている。6回の講演をもとにしたものということだけれど、普遍論争の源流を探っていく前の『一般性の技法』に続く感じだ。さらに最近の『主体の考古学』(2巻目が昨年出た)にもつながる話のようだし、ちょっとしばらく読み進める予定。

Page 258 of 271
1 256 257 258 259 260 271