マリオンのアウグスティヌス論

年越し本の一つとして、ジャン=リュック・マリオンの新著『自己の場所に–聖アウグスティヌスのアプローチ』(Jean-Luc Marion, “Au lieu de soi – L’approche de Saint Augustin”, Presses Universitaires de France, 2008)を読み始める。まだ一章までだけなのだけれど、すでにしてとても面白い。序章で、アウグスティヌスの立ち位置はいったいどこにあるのかと問い始める。思想史的に見て、アウグスティヌスにおいて新プラトン主義が以前ほど決定的ではなく(それが解釈する側の時代状況でしかない可能性が指摘される)、そもそもアウグスティヌスは哲学的なアプローチを取っているわけでもなく、一方で後世的な意味での「神学的」アプローチともいえない、とされる(このあたり、ややマリオン的なとんがった問題機制な感じもするけれど)。哲学と神学のはっきりとした区別すらないかもしれない。そしてその立ち位置を探るべく、テキストに入り込んでいくわけだけれど、それは続く第一章の、『告白録』の不可思議さへとつながっていく。

『告白録』は哲学書ではないし、厳密な意味での神学書でもない。ではそれは一体何か?そもそも何を告白しているのか?マリオンはそこでの罪の告白が、賛美(神の)の告白と表裏一体になっていることを見、そこからそれが、神についての書ではなく、神に「呼びかける」書であると規定する(しかもそれは、聖書からの引用という言葉の反復によってなされる)。『告白録』の構成自体が(自己の生涯を振り返る前半と、創世記解釈へといたる後半)二重の告白という構造をもち、さらに読者を呼び込んで告白を促すという機能をもっているとし、(アウグスティヌスの)自己、神、他者(読者)の一種独特な関係性を築いていて、「自省録」というよりは「他省録」といった様相を呈するのだという。他者との関係性は、神を身近なものとして介する形でしか結ばれない、と。モンテーニュやルソーの後世の自省録とは決定的に異なるのが、そうした関係性にあるのだ、と。

二章以降は自己、真理、愛、時間といったテーマが扱われるようで、これらもなかなか楽しみ。やや強引な括りがないわけでもないけれど、アウグスティヌスへの現象学的アプローチがどこまで深く潜っていけるのか、ちょっと期待しているところ(笑)。

断章5

Ἡ μὲν ψυχὴ τῆς ἀμερίστου καὶ τῆς περὶ τὰ σώματα μεριστῆς οὐσίας μέσον τι, ὁ δὲ νοῦς ἀμέριστος οὐσία μόνον, τὰ δὲ σώματα μεριστὰ μόνον, αἱ δὲ ποιότητες καὶ τὰ ἔνυλα εἴδη περὶ τὰ σώματα μεριστά.

「魂は、分割できないものと、物体において分割可能な実体との中間に位置するものである。知性(ヌース)は唯一分割できない実体であり、物体は唯一分割可能であり、性質と物質的な(物質に存する)形相は物体において分割可能である。」

シュトーレンの謎(笑)

stollenクリスマスのなので、それっぽい話題を(笑)。都内のあちらこちらのパン屋・菓子屋でも、この数年(もっと前からあったのかもしれないけれど)すごくよく見かけるようになったような気がするのが、ドイツのクリスマス菓子、シュトーレン(Stollen)。基本的にドライフルーツ入りのパンを焼いて粉砂糖をかけたものなので、手作りとかも割と簡単(伝聞だが)。で、これがなかなかイケる(笑)。ドイツでは、アドヴェントの期間、日曜ごとに少しづつ食するのだという。

これの歴史については、たとえばこちらのドイツ菓子専門店のページに詳しい。1450年ごろのドレスデンが発祥とか。1474年の「バートロモイス病院の診察代に、復活祭前の精進食として記されている」とある。なるほど。こういう明細などを地道に読み込んでいくという研究をしている人もいるわけで、そういう研究には頭が下がる思いだ……。ま、それはともかく、ドイツの菓子屋なんかのサイトでは(たとえばこちら)、歴史上最も古い言及は、1474年にパン職人バートロモイスがドレスデンの宮廷に宛てた計算書(Rechnung des Bäkers Bartholomeus)となっていて、現在はドレスデンの市営博物館にあるのだというのだけれど……。あれあれ?この微妙な違いは何?うーん、謎だ(笑)。

偶有的属性についての論集

フランスの著名な中世思想史家アラン・ド・リベラの還暦を記念する論集『実体を補完するもの–アラン・ド・リベラに捧げる、偶有的属性についての論集』(“Compléments de substance – Études sur les propriétés accidentelles offertes à Alain de Libera”, ed. Ch. Erismann et A. Schniewind, Vrin, 2008)を読み始める。さすがにその分野の大物だけあって、記念のエッセイと論文合わせて30本以上が寄せられている。論文はいずれも、タイトルにあるように偶有性の問題を中心とするもの。ページ数こそ限られているものの、それぞれ力の入った論考のよう。まだ最初のいくつかしか見ていないけれど、面白いものはメモしておこうか。以下まずとりあえずのメモ(笑)。

編者でもあるクリストフ・エリスマンの「偶有で説明される個体性–ポルピュリオスがたどった<キリスト教的>運命についての一考察」は、『イサゴーゲー』の差異についての解釈がその後どういう受容と変遷を辿ったかについて、ニュッサのグレゴリオスを中心にまとめたもの。ごく短い論考だけれど、とても刺激的。それによると、グレゴリオス(とそれに影響を与えたバシレイオス)は、属性をめぐるポルピュリオスのモデルを活用し、それを拡張する形で位格について論じているのだという。実体(ウーシア)を共通なもの(普遍)ととらえ、偶有にもとづく差異を位格の側に置くというのがその議論の骨子で、単に個体化は偶有によるのだとする場合の難点(偶発的事象があたかも実体以前にあるかのような解釈になってしまう)を回避しているというのだけれど、そのベースはポルピュリオスにあるという。また、あるいはボエティウスなどもグレゴリオスを経由してこの考え方を受け継いでいるのではないかとの仮説も末尾で提出している。うん、これは面白い視点だ。ちょうど、少し前に古書店で購入したバシレイオスの書簡集が手元にあるのだけれど、グレゴリオス宛ての書簡が重要なソースとして挙げられているので、これはちゃんと原文を読んでみようと思う。

今年のクリスマス向けCD

例年この時期はいろいろと注目盤とか掘り出し物のCDがあるけれど、数あるクリスマス向け企画盤のうち、今年はアルテ・ノヴァが以前出していた『Ein festliches Weihnachtskonzert – a Christmas Concert』(74321 31681 2)を聴く。先月ごろまでHMVが超格安で売っていたが、現時点では完売した模様。でもまあ、今後再版があるかもしれないし、一応取り上げておこうかな、と。で、これがまた実に秀逸な3枚組。1枚目はコレギウム・モーツァルテウム・ザルツブルクの有志らによるイタリアもの。スキアッシ、ロカテッリ、トレッリ、ヴィヴァルディ、マンフレディーニ、コレッリと続く。軽やかさはそれほどでもないけれど、逆に落ち着いた雰囲気の演奏は、ちょうど季節的にもマッチしている感じだ(この1枚目は、ちょっとだけ上のHMVのサイトで試聴できる)。2枚目はカンタータ類。演奏はハンブルク・ソロイスツ。バッハ作曲グノー編曲のアヴェ・マリアや、ドメニコ・スカルラッティのカンタータ(結構珍しいかもね)、ガルッピ、ベルンハルトなど、なかなか厚みのあるプログラム。3枚目はテレマン、ヴェルナー、サマルティーニ、ハイドンなどで、華やいで、しかも情感豊かな曲が並ぶ。いや〜なかなか聴き応えも十分。どうやらこれ、レーベルでリリースしたものの寄せ集めらしい(解説のライナーはついていない)けれど、こういう企画ものは今後も大いに歓迎したいところ。

ジャケット絵はフラーテル・フランケ(マイスター・フランケともいう)の『トマス祭壇画』から「東方三博士の礼拝」。1424年作のテンペラ画で、ハンブルク美術館所蔵とのこと。フラーテル・フランケはドメニコ会士。当時の「国際ゴシック様式」(シエナ派起源で、自然の描写などが特徴的とされる)の代表格。

francke_anbetung-der-koenige

Page 268 of 276
1 266 267 268 269 270 276