強度論の系譜?

『現代思想』誌12月号をぱらぱらと。今年はめずらしく何冊か買っている同誌だけれど、12月号の特集は久々のドゥルーズ。けれどもやはり時は移り変わり、収録された論考の傾向も以前とはずいぶん異なっているなあ、と。やっとその実像なり本当の問題系なりに向き合う環境が整ってきたのだろう。個人的にはマヌエル・デランダ「ドゥルーズの存在論」が白眉。ドゥルーズの説くのが単なる本質主義的な実在論ではなくて、いわば抽象構造と個体の産出プロセスの実在論であるという、『意味の論理学』などに出てくる、主体を完全に排した上での個体化論の話を、俗っぽくならずに(笑)まとめあげている。その個体化プロセスで取り沙汰されるのが「強度」概念だけれど、デランダは、ドゥルーズのその概念が、本質主義の形而上学が仮定する形相重視の立場を転覆するものだとしている。「その一方で強度的な考えは、質料そのものに形態発生の力能を認め、本質主義を破壊する」という。

ちょうど最近、稲垣良典『習慣の哲学』(創文社、1981)を読んでいるところなのだけれど、「強度」(intensio)という言葉がトマスにも出ていることを知った。トマスが言うのは、行為・働きの強度ということで、それを次元的量とちからの量とに分けて考えるのだという。で、その後者が問題で、その場合の強度とは、何らかの本性または形相の分有の具合を指す用語なのだという。稲垣氏の引いているトマスの具体例では、愛徳の行為を積むことでそうした行為への適性(habilitas)が増すと、突然、より熱烈な愛の行為が生じ、行為の質に飛躍的な高まりが生じるという話が紹介され、それがいわゆる愛徳の増強(強度の高まり)なのだというように説明されている。これってほとんど創発論じゃないかしらん(笑)。ちょっとトマスのテキストそのものに当たってみないといけないけれど、形相と質料の話とは別に、こうした「強度」論という感じの系譜もたどってみれるかもね。

断章4

Τὰ καθ᾿ αὑτὰ ἀσώματα ὑποστάσει μὲν καὶ οὐσίᾳ οὐ πάρεστιν οὐδὲ συγκίρναται τοῖς σώμασι, τῇ δὲ ἐκ τῆς ῥοπῆς ὑποστάσει τινὸς δυνάμεως μεταδίδωσι προσεχοῦς τοῖς σώμασιν. ἡ γὰρ ῥοπὴ δευτέραν τινὰ δύναμιν ὑπέστησε προσεχῆ τοῖς σώμασιν.

その非物体それ自体は、物体に支えとして現れているわけでも、実体として現れているわけでもなく、物体にとけ込んでいるわけでもない。(けれども)それは、性向から生じる支えをもとに、なんらかの力を伝え、物体に連ねるのである。というのもその性向は、なんらかの二次的な力を支え、物体に連ねるからだ。

イリュージョン・コミック

実に久々の観劇。新国立劇場でのコルネイユ作『舞台は夢(イリュージョン・コミック)』(鵜山仁演出)をマチネで。最初はちょっとすべりそうな感じもあったのだけれど、途中からはなかなかテンポもよく、観客の笑いをうまく誘っていた。いや〜、それにしてもコルネイユの作品が上演されるというのがなにより珍しく、また嬉しい(笑)。1635年の作だけれど、いわゆる劇中劇もの。劇中劇としてはもしかして最初期?少し前に文庫クセジュからアラン・ヴィアラ『演劇の歴史』(高橋信良訳、白水社)を読んだけれど、その中でもこの作品は重要なものとして紹介されている。それによると、1630年頃、アリストテレスをベースにして、時、場所、筋が単一でなければならないという主張(三単一の規則)をする一派(「規則派」)が、それらは多様で構わないとする一派と論争を繰り広げた。で、規則派が優勢になるのだけれど、コルネイユは三単一の規則に従いながらそれを巧みにすり抜ける方法を、この『イリュージョン(後の「イリュージョン・コミック」)』で実現してみせたのだという。同書は劇中劇の成立史みたいな話は直接取り上げていないけれど、そのあたりの記述からも、劇中劇が成立するには、やはり劇の世俗化と、それだけでなくなんらかの精緻化がなければならないということが窺えるし、おそらくこのコルネイユがその嚆矢ということになりそうだ。うん、ほかの作品もぜひまた上演してほしいところ。

プロティノス論

岡野利津子『プロティノスの認識論–一なるものからの分化・展開』(知泉書館、2008)を一通り。プロティノスのヌース(知性)からの発出論を中心に、手堅くまとめた一冊。確かにその知性論は、一見(表層的になぞるだけなら)わりとすんなりわかった気にさせられるのだけれど、読み込むといろいろと難しい(苦笑)。その意味では、こうした整理はやはりありがたく、プロティノスを読むときの参考書として有益だ。けれども個人的には、最新の研究動向の紹介とかをもっと入れてほしかったなあと思う。一部の章は博論をまとめたものといい、先行研究への言及が少しだけある。おそらくはそうした先行研究のまとめみたいなところはばっさりカットしてあるのだろうけれど……。うん、プロティノスに続いて、プロクロスあたりの発出論とかもきちんと整理したものがあるといいなあ、と改めて思う。

翻訳論の今

ミカエル・ウスティノフ『翻訳–その歴史・理論・展望』(服部雄一郎訳、白水社文庫クセジュ)(画像)を読む。これはまたコンパクトな翻訳論入門書。よくぞまとめてくれました、という感じでもある。起点言語から目標言語への変換みたいなことを述べるのにわざわざ「TS→TC」とかって無意味に記号を使うのは、一時期の言語論みたいでゲンナリするけれど、ま、最小限なのでよしとしよう(笑)。基本的に技法重視の理想論でもなく、アウトプットの現状について実証的に捉えようとする立場はなかなか新鮮。というか、本来そういう論がきちんと出なくてはねえ(笑)。とくに通訳と翻訳の対比を考える第5章などは実例も含めて興味深い(学生とプロ通訳の差とか)。同じように第4章「翻訳の作用」も、たとえば仏語と英語の表現的特徴の差などを指摘していて好ましい(そういう部分って、誰もがなんとなく感じていても、なかなか明示されないし、逆に安易に定式化されるとひどくつまんなくなってしまうからねえ)。

翻訳論の歴史を、逐語訳を批判したとされるキケロや聖ヒエロニムスから説き始めているのもなかなかよいのだけれど(そのあたりのもとのテキストを読んでみたくなった)、中世やルネサンスについてはかなりあっさり駆け抜けてしまうのが、相変わらずでちょっと脱力(苦笑)。そのあたりの豊かな翻訳の所作は、もっと吟味されてしかるべきでしょうにね。というわけで、そこいらがやはり空隙になっていそうだな、と。

Page 270 of 276
1 268 269 270 271 272 276