翻訳論の今

ミカエル・ウスティノフ『翻訳–その歴史・理論・展望』(服部雄一郎訳、白水社文庫クセジュ)(画像)を読む。これはまたコンパクトな翻訳論入門書。よくぞまとめてくれました、という感じでもある。起点言語から目標言語への変換みたいなことを述べるのにわざわざ「TS→TC」とかって無意味に記号を使うのは、一時期の言語論みたいでゲンナリするけれど、ま、最小限なのでよしとしよう(笑)。基本的に技法重視の理想論でもなく、アウトプットの現状について実証的に捉えようとする立場はなかなか新鮮。というか、本来そういう論がきちんと出なくてはねえ(笑)。とくに通訳と翻訳の対比を考える第5章などは実例も含めて興味深い(学生とプロ通訳の差とか)。同じように第4章「翻訳の作用」も、たとえば仏語と英語の表現的特徴の差などを指摘していて好ましい(そういう部分って、誰もがなんとなく感じていても、なかなか明示されないし、逆に安易に定式化されるとひどくつまんなくなってしまうからねえ)。

翻訳論の歴史を、逐語訳を批判したとされるキケロや聖ヒエロニムスから説き始めているのもなかなかよいのだけれど(そのあたりのもとのテキストを読んでみたくなった)、中世やルネサンスについてはかなりあっさり駆け抜けてしまうのが、相変わらずでちょっと脱力(苦笑)。そのあたりの豊かな翻訳の所作は、もっと吟味されてしかるべきでしょうにね。というわけで、そこいらがやはり空隙になっていそうだな、と。

「すべての人間は尼僧である」

あまり意味はないのだけれど、ちょっと箴言めいたものとかも、適当に集めてみることにしようかと。で、その一つめは先に挙げたサリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』から、「ド・ドーミエ=スミスの青の時代」の末尾に出てくる印象的な一文。主人公が仏語話者ということで、「Tout le monde est une nonne」となっている(らしい)。サリンジャーの小説は説明するとなると難しいので、あえてここでこのセリフについてどうこう言うのは控えるけれど、なんだか妙に腑に落ちるセリフという気が……(笑)。

ひっかかるのはnonneという言葉。仏語辞書とか引くと、ふざけて言う言葉みたいに載っている。でもこれたしか、クレチアン・ド・トロワあたりにあるんじゃなかったっけ……と思ってDictionnaire du Moyen Français(Larousse)とかを見ると、やはりそう。nonneの形の初出は、やはりクレチアンらしい。ヴィヨン(15世紀)の例も載っている。教会ラテン語のnonnaが元ということだけれど、ドイツ語では現代語でもNonneで普通に使われ、とりわけふざけるようなニュアンスはないらしい。うーん、こういう言葉の成立史みたいなところを追っかけていくのも面白そうではある……。

「ロザリオのソナタ」

バロック・ヴァイオリンのパブロ・ベズノシウク以下4人によるビーバーの「ロザリオのソナタ」ダイジェスト版の公演を聞きに行く。16曲から成る「ロザリオのソナタ」のうち、10曲のプログラム。ところがこれがなかなか壮絶なことに……。前半の最後「磔刑」の途中で、なんだかヴァイオリンの音がおかしくなった。げ、楽器がイカレた?と思ったら、イカレたのは演奏者の手(手首?)のほうだった……(楽器の方を先に心配してしまうのは、リュート弾きならではのリアクションだ……反省)。つったらしい(これってプロならでは?弾きすぎ?)。で、演奏ストップで前半終了。後半はその頓挫した部分から再開。で、後半プログラムも3曲を終えたところで予定になかった休憩。ベズノシウクは曲の合間に数回、手を振り払うしぐさをしていた。なんとも痛々しい感じで、もう最後の「守護天使」(パッサカリア)のヴァイオリン・ソロ(これは実に美しい曲だけれど素人目にもかなり難しそう)などは、頼むから弾ききってくれよ〜という感じで、会場の多くの人が祈るような気持ちで応援していたのでは?うーん、なんともめずらしい状況だ。

でも、1曲目の「受胎告知」などは、テオルボ(キタローネ)とヴァイオリンによる実に感動的な演奏だった。これは名演か、と思われた矢先の上のトラブルのせいで、聴いているこちらも微妙に落ち着かなく集中しきれなかった。ちょっと残念。これまた渋くキタローネを弾いていたのはポーラ・シャトーヌフという女性奏者。小柄なためにキタローネがやたらでかく見える(笑)。今回は6台ものヴァイオリン(調弦がそれぞれ違う)を用意しての公演。13日と14日の午後に、それぞれ東京と兵庫で全曲版+朗読の公演が予定されているけれど、そちらはチケットは完売だったような……。(画像は彼らが出しているその全曲CD)。

ノルウェーの中世美術

近所の本屋でいつになく目についたのが『芸術新潮』の12月号。あまりに気にかけていない雑誌だけれど、いつもの月よりも置いている冊数が多いような気がする……。で、その特集が「ノルウェーの森へ–中世の美とオーロラの旅」。なんだか新幹線の車内誌『トランヴェール』の外国版という体裁だが……(笑)。でも、特集の中心をなす、美術史家の金沢百枝氏による木造教会探訪記は読み応え十分。写真も見事で、木造の教会の佇まいはとてもいい。細部の浮き彫りや板絵なども素晴らしい。ロマネスク建築の石造りの技法はノルウェーにも伝わっていたというけれど、素材の調達や資金の問題を超えて、地元の人々には木造への嗜好、こだわりがあったのではないか、という仮説が面白い。ノルウェーの中世美術史の大家だというホーラー氏を訪ねる件があるけれど、この方、異教の残滓を思わせる教会内の木彫りの彫刻などについて、「それは装飾だから意味はない」とにべもなく言い放つのが逆に印象的(笑)。実証を重んじる研究スタイルだというけれど、なるほど下手な解釈は恣意にすぎないのだからよしときなさいというのは、ある意味ごもっとも。

パーセルのイギリス性?

最近録画とかが溜まってしまい、9月にBS2で放映された6月のアンドリュー・マンゼとリチャード・エガーのリサイタルをようやく最近になって観た。とくに後半のビーバー(「ロザリオのソナタ」から「受胎告知」と、「独奏バイオリンのためのソナタ集」から3番ヘ長調)がいい感じ。息もぴったりのコンビだけれど、チェンバロはここではあくまで補佐役。で、そんなわけで、エガーの最近のチェンバロ独奏ものをCDで聴きたいと思い、選んだのがこれ。『パーセル:鍵盤組曲とグラウンド』(HMU 907428)。パーセルの鍵盤組曲8曲を華麗に軽やかに弾いていて、なにやらどこかしら清涼感が漂ってくる感じ。

ライナーを見ると、エガーのテキストでチョコレートに言及したりしている。17世紀半ばのイングランドでは、フランス経由でチョコレートがはいってきて、1657年に初めてロンドンに専門店が設立されるのだという。1パウンド10から15シリングで、当初はエリート階級の「飲み物」だったという。ロールやケーキに使われるようになるのはもう少し先とのこと。またチョコレートにはダークな面もあり、毒殺などの場合に毒の味を消すものとしても用いられたのだとか。なるほどチョコレートか。そう言われると、パーセルの音楽は上質のチョコレート風味みたいなものもあるかもなあ、と。エガーはこの話、パーセルの謎の死にからめて引き合いに出しているのだけれど、それとは別に、パーセルの音楽についてもコメントしている。フランスのリュート音楽の「style brisé」(アルペジオを多用し曲の輪郭をぼかすスタイル)の影響を受けつつも、きわめてイングランド的なのだという。うん?イングランド的?エガーはそれを、ひねりや風変わりさ、エキセントリックさみたいに言う。個人的には、イングランドものって様式的にかっちりしていて、大陸もののような変な音が突然出てくるみたいな部分はあまりないと思っていたのだけれどなあ……。

ジャケット絵はコーネリウス・ジョンソン&ジェラード・ホークギースト作の「大英帝国のヘンリエッタ・マリア妃」の一部らしいのだけれど、残念ながらこの絵はネットではさしあたり見つからず(?)。また、まったくの余談だけれど、チェンバロつながりで言うと、やはり9月のBS2で放映していた中野振一郎のチェンバロ(ブランシェ作のオリジナル楽器だそうだ)演奏もとても端正で充実していた。2007年の浜松での公演で、クープランやラモーなどフランスもののプログラム。