「古楽じゃないが……」カテゴリーアーカイブ

「トビアの帰還」

ハイドンのオラトリオ『トビアの帰還』を、naxosミュージック・ライブラリの盤(http://ml.naxos.jp/album/8.570300-02)で聴く。指揮はアンドレアス・シュペリンク、インヴェルニッツィ(ソプラノ)ほか&ケルン声楽アンサンブル、カペラ・アウグスティーナ。2006年の録音。あまり演奏されないオラトリオだそうだが、なぜそうなのかがまったく意味不明だと思えるほどに素晴らしい。HMVあたりで検索しても出てくるのはこの盤がやっと。naxosのライブラリにはほかにシャンドール盤(http://ml.naxos.jp/album/hcd11660-62)というのがある。

トビアは旧約聖書に登場するトビトの息子(外典『トビト書』)。トビトは善人・義人なのだけれど、捕囚時代に仲間を埋葬したとしてすべてを取り上げられ、さらにスズメの糞で目をやられて盲いてしまう。さらにまた、その兄弟の娘が悪魔に取り憑かれ、結婚相手が次々に殺されていた。で、神はラファエルを送ってトビトの息子トビアと旅をさせ、トビアは途中で遭遇する巨大魚を倒して、その内蔵を使って娘に取り憑いていた悪魔を追い払う。最後にトビトのもとに帰り、やはりその魚の内臓で目を治癒させる……。このエピソードは絵画では様々に描かれているものの、音楽作品としてはあまりないようで、ライナーによるとルイジ・ボッケリーニの兄弟であるジョヴァンニ・ガストーネ・ボッケリーニが逸話の再構成を行い、トビアの帰還部分に焦点を合わせ、回想の形で逸話を語っていく手法になっているという。ウィーンでの初演はウケたものの、再演はままならず(聴衆の好みの変化や長さのせいとか)、その後に短縮の形でスコアが改編されたという。というわけで、この録音でも使われているのは1784年の改訂版。うーん、ドラマチックな要素がないわけでもないし、曲は様々に盛り上がるし、ライナーからもなぜ演奏機会がこれまで少ないのかという話は見えてこない……。謎だ(笑)。

↓wikimedia commonsから、『トビトとアンナ(山羊の子を盗んだとアンナを叱責するトビト)』、レンブラント画、1626年、アムステルダム国立美術館蔵。

セルティック・ヴィオール

古楽というよりはトラッド系だけれど、これはご機嫌な一枚。古楽の大御所ジョルディ・サヴァールのヴィオール、アンドルー・ローレンス=キングのハープによる『セルティック・ヴィオール』(The Celtic Viol(AliaVox, AVSA 9865))。両者の絶妙なコラボがなんともいえない見事な味わいをかもしている。うわ〜、こりゃ見事。また一つ名盤が、という感じ。アイルランドとスコットランドのトラッドミュージックなのだけれど、全体を貫くこの妙に懐かしい感じの、哀調を帯びたトーンが染みる。陽気な舞曲すらも、なにかこう、周りに拡がる哀愁の海にぽっかりと浮かんだ、はかない一瞬の花火を思わせるような……。このなんともいえない喚起力の凄さ。こういう暑い時期には、意外にこういうのが良いかも(笑)。

Baroque Classical/The Celtic Viol: Savall(Viols) Lawrence-king(Irish Hp) (Hyb)

ロス・オトロス

これは古楽というよりはワールドミュージックだけれど、ガンバ奏者のヒル・パールが組むトリオユニット「Los Otros」による『ラ・アッチャ』(La Hacha)というアルバムを聴く。Hachaって斧?いやいや、スペインの舞曲の名称なのだそうで。メキシコに伝わり伝承曲になったスペイン舞曲。おおもとの古楽(16世紀のディエゴ・オルティスとか、17世紀のリバヤスとか)とメキシコは東部ベラクルスの伝統音楽と対比しながら収録したというこの一枚、Los Otrosと地元の伝統音楽の演奏家集団とのコラボなのだという。こうしてみると、民衆的伝統が古楽作品をうまい具合に取り込んでいる様が垣まみえる気がしてなかなかに楽しい。実際、このパフォーマンスでは、同じトラック上で前半が古楽、後半が伝統音楽と、うまく接合されていたりして興味深い。ライナーも奮っていて、スペインの不運を歌う16世紀初頭のロマンセの引用から始まるのだけれど、植民地のすべてを失ったスペインを「民主主義とイエス(キリスト)のツインタワーに守られ、数十億の武器と油を中東で作る米国」に重ね合わせるという皮肉も利かせていたり(笑)。
La Hacha -Mexican Fandango / Los Otros

クロマニョン・サウンズ

瞑響・壁画洞窟少し前に旧ブログのほうで取り上げた土取利行『壁画洞窟の音』(青土社)。レ・トロワ・フレール洞窟の訪問を軸とし、壁画洞窟そのものが巨大な「楽器」(共鳴装置としてのリトフォン)をなしていたのではないかという仮説を紹介し、その演奏の体験記などが綴られていたのだが、クーニャック洞窟でのその同氏の実演を収めたCD、『瞑響・壁画洞窟–旧石器時代のクロマニョン・サウンズ』(VZCG-687)をようやく聴く。すべてオリジナルの各曲は、石を木や指で叩くとか、骨笛や鼻笛を一定間隔で鳴らすなどの、リズムのみを前面に出したミニマル・ミュージック的なもの。環境音楽的に楽しめる。うーん、でも、音の高低などでの反響の違いとかはどうなんだろうなあ、と思ったりもする。おそらく原始的な音って、もちろん反復動作もあったろうけれど、動物の鳴き声とかを真似て再現しようとするようなものだったりもしたのでは、と思う。そういう声その他の音を取り入れたパフォーマンスも聴いてみたいなあ、と。ま、ともかくうちの再生装置は貧弱なので、洞窟内の雰囲気も再生でいていないほどなのだが(苦笑)、一応これはSHM-CDという、素材的に改良したCDなのだとか。ライナーノーツは土取氏のインタビューで、上の書籍の部分的なエッセンスがまとめられている感じの話になっている。