2004年11月22日

No.45

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
silva speculationis       思索の森
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<ヨーロッパ中世探訪のための小窓>
no.45 2004/11/20

------クロスオーバー-------------------------
イスラム思想・他文化理解

外部の者からすると、学会の紀要などというのは、時にあまり読んで面白いもの
でなかったりもするのですが、まれに目の覚めるような論考が載ることもないで
もなく、また、現行の研究水準や動向を知るためのゾンデとしての利用価値も大
いにあることは事実で、たまに目を通すのは決して無駄ではありません。中世哲
学会が毎年刊行している『中世思想研究』は最新の46号が出ていますが、とり
わけ目を引くのは、2003年秋に行われたシンポジウムの記録です。「存在と知
性−−イスラームから西洋へ」と題されたそれは、同学会がイスラムと西洋中世
との関係性を正面から取り上げるの初めての機会だったようです。これだけイス
ラムのプレゼンスが顕著になっている昨今の世界情勢においては、ある意味当然
の流れなのかもしれませんし、中世思想史の研究だけの文脈においても、両者の
関係がこれまでそれほど綿密に取り上げられてこなったとすれば、それはそれで
手落ちであったわけで、いずれにしても、イスラム思想の西欧への影響関係はこ
れから様々に問い直されていかざるをえないでしょう。同時にそれは、現代世界
でのイスラム問題を考える基礎にもなると思われます。

掲載されたシンポジウムの発表は2つです。まず小林春夫「イスラーム哲学の転
換点」は、イスラム研究史の概要と、イブン・スィーナー(アヴィセンナ)の自
己概念(アプリオリな自己認識を「空中人間」の比喩で表しているのですね)の
紹介を行っています。一般に、アヴィセンナの存在論はアリストテレスを下敷き
にした独自のものだと言われます。後者が分割的知性であるのに対し、アヴィセ
ンナは一種のホーリズムを思わせますがどうなのでしょう?ちょっと読んでみた
いですね。

もう1つは水田英実「トマス・アクィナスの異文化理解」で、トマスのアヴィセ
ンナ批判・アヴェロエス批判を踏まえつつ、『対異教徒大全(護教大全)』が宣
教のマニュアルなどではなく、キリスト教側の知識階級の知的欲求を満たすもの
で、その際の「異教徒」も差別的な意味はなく、議論の相手として取り上げられ
た知性的人々として想定されているといった論を展開しています。とはいえ、相
手の知性を尊重する視座が、実際の異文化理解を推進したかどうかは別の問題だ
とも指摘しています。余談ですが、ライムンドゥス・ルルスがアフリカでの宣教
に失敗するのは、知的議論ばかりをあまりに重んじたからだという話もあり、異
文化への接し方というのはより大きな問題として捉えられそうです。

ついでながら中世哲学会のページ(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsmp/)も、紀要
で取り上げた書誌データや一部ですが既刊分の目次などがあって便利です。


------文献講読シリーズ-----------------------
ダンテ「帝政論」その10

今回は11章を途中まで読んでみます。前回に引き続き、正義について思索をめ
ぐらしています。

               # # # # # #
4. Sunt enim huiusmodi forme quedam compositioni contingentes, et
consistentes simplici et invariabili essentia, ut Magister Sex Principiorum
recte ait. Recipiunt tamen magis et minus huiusmodi qualitates ex parte
subiectorum quibus concernuntur, secundum quod magis et minus in
subiectis de contrariis admiscetur.
5. Ubi ergo minimum de contrario iustitie admiscetur et quantum ad
habitum et quantum ad operationem, ibi iustitia potissima est; et vere tunc
potest dici de illa, ut Phylosophus inquit, "neque Hesperus neque Lucifer sic
admirabilis est". Est enim tunc Phebe similis, fratrem dyametraliter intuenti
de purpureo matutine serenitatis.

4. 『6大原理』の師が正しく述べているように、そのような形式(正義)は存在
し、(事象の)構成に関与している。また、単純かつ不変なるものの本質を維持
してもいる。とはいえそれらは、多かれ少なかれ、関係する主体からもそれらの
性質を受け取っている。それは、主体に、その反対物をなすものがどれほど混合
するかに応じて決まる。
5. ゆえに、正義の反対物が最小限のみ混合される場合に−−それは様態に関し
てであったり行使に関してであったりするが−−、正義は最も強い力を得るので
ある。その状態については、哲学者(アリストテレス)が述べているように、
「宵の明星も暁の明星も、これほどの驚嘆には値しない」と言うことができる。
それは、赤みがかった穏やかな朝の光の中で弟を目にする月(ポイベー)にも似
ているのだ。

6. Quantum ergo ad habitum, iustitia contrarietatem habet quandoque in
velle; nam ubi voluntas ab omni cupiditate sincera non est, etsi assit
iustitia, non tamen omnino inest in fulgore sue puritatis: habet enim
subiectum, licet minime, aliqualiter tamen sibi resistens; propter quod bene
repelluntur qui iudicem passionare conantur.
7. Quantum vero ad operationem, iustitia contrarietatem habet in posse;
nam cum iustitia sit virtus ad alterum, sine potentia tribuendi cuique quod
suum est quomodo quis operabitur secundum illam? Ex quo patet quod
quanto iustus potentior, tanto in operatione sua iustitia erit amplior.
8. Ex hac itaque declaratione sic arguatur: iustitia potissima est in mundo
quando volentissimo et potentissimo subiecto inest; huiusmodi solus
Monarcha est: ergo soli Monarche insistens iustitia in mundo potissima est.

6.様態に関する限り、正義が反対物を見いだすのは意志の働きにおいてである。
意志がすべての欲望を捨象しておらず、にもかかわらず正義がそこにある場合、
正義は少なくともその純粋さの十全な輝きにはない。というのも、正義はそこ
で、たとえごくわずかであっても抵抗する主体を有することになるからだ。だか
らこそ、審判者の熱意を煽るような者は遠ざけるのがよいのである。
7. 行使に関する限り、正義が反対物を見いだすのは力の可能性においてであ
る。正義は他者に対する力であり、誰にでも権能が与えれるのでなかったなら、
なにゆえに正義に従って行動しようとするだろうか?ゆえに、公正なる者の力が
強いほど、正義はその行使においていっそうの広がりを見せるのだ。
8. よって以上の論述から、次のように推論できる。この世で正義が最大の力を
得るのは、それが最大の意志と力をもつ主体に宿る場合である。そのようなこと
がありうるのは君主制を置いてほかにない。よって、君主制を据えることによっ
てのみ、この世の正義の力は最大になるのだ。


9. Iste prosillogismus currit per secundam figuram cum negatione
intrinseca, et est similis huic: omne B est A; solum C est A: ergo solum C est
B. Quod est: omne B est A; nullum preter C est A: ergo nullum preter C est
B.
10. Et prima propositio declaratione precedente apparet; alia sic
ostenditur, et primo quantum ad velle, deinde quantum ad posse.
11. Ad evidentiam primi notandum quod iustitie maxime contrariatur
cupiditas, ut innuit Aristotiles in quinto ad Nicomacum. Remota cupiditate
omnino, nichil iustitie restat adversum; unde sententia Phylosophi est ut
que lege determinari possunt nullo modo iudici relinquantur. Et hoc metu
cupiditatis fieri oportet, de facili mentes hominum detorquentis. Ubi ergo
non est quod possit optari, inpossibile est ibi cupiditatem esse: destructis
enim obiectis, passiones esse non possunt.

9. この前三段論法は、否定が内在する第二格に則っており、次のような形にな
る。すべてのBはAである。CのみはAである。よってCのみはBである。これは
次のようにも示せる。すべてのBはAである。C以外はAではない。したがってC
以外はBではない。
10. 先に述べたことから前者の命題は明証される。もう一方は、まず意志に関し
て、次に可能性に関して、というふうに示すことができる。
11. 前者の命題の明証するためには、アリストテレスが『ニコマコス倫理学』第
5巻で指摘するように、欲望(強欲)こそが正義の最大の反対物をなすというこ
とを示しておかなくてはならない。あらゆる欲望を遠ざけさえすれば、何も正義
に逆らうものはなくなる。ゆえに哲学者は、法によって裁かれうるものは、いか
なる形でも審判者を逃れてはならないと述べているのだ。人間の心を容易にまど
わす欲望への恐れゆえに、それは必要になる。望みうるものがない場合には、欲
望もありえない。対象物が破棄されてしまえば、情熱も生じえない。
               # # # # # #

今回はなんだか抽象論で、論旨が少し見えにくい感じがします。注釈的なことを
見ていきますと、4節に出てくる『6大原理』の師というのは、12世紀のシャル
トル学派を代表する人物、ギルベルトゥス・ポレタヌス(仏名:ジルベール・
ド・ラ・ポレ)のことです。普遍論争では、ギルベルトゥスは抽象的な認識を認
める立場を取ったといいますから、ここでは抽象概念(イデア)としての正義の
存在と、現世でのその実現形態(インスタンス)とのことを語っていることがわ
かります。5節のアリストテレスの引用は、『ニコマコス倫理学』第5巻、
1129bの28からの引用ですが、岩波文庫版の注釈によると、さらにこれはエウ
リピデスの『メラニッペ』からの引用だと記されています。いずれにしても、最
も偉大な徳としての正義がどれほどのものかを語るために持ち出されている一節
です。ダンテはここで、観念的世界のような純粋な抽象概念は、現世には存在し
ないということを述べています。

9節には三段論法の第二格というのが出てきます。三段論法はオッカムの『大論
理学』などにより、とりわけ中世盛期には大いにもてはやされたようです。第二
格は、大前提で「a=>b」、小前提で「c=>a」、結論で「c=>b」という形のも
のです(格は第四格までありますが、ここでは第二格だけを見ておきましょ
う)。矢印は関係性を表すものとします。関係性は「すべての〜は〜である」
(便宜的にこれを大文字Aで表します)「ある〜は〜である」(大文字I)「いか
なる〜も〜でない」(大文字E)「ある〜は〜でない」(大文字O)の4種類あ
るので、大前提・小前提・結論の組合せは4 x 4 x 4 = 64通りですが、このうち
成立するのは6通りしかありません。そのうち弱勢式といわれるものを除いた4
つ(EAE、AEE、EIO、AOO)は、覚えやすくするために、その母音を含む人
名、つまりそれぞれCESARE、CAMESTRES、FESTINO、BAROCOで表されます
(母音に注目してください。それぞれEAE、AEE、EIO、AOOになっていま
す)。他の格もふくめると全部で19種類の格式がこのような人名で表され、と
りわけ17世紀以降には「覚え歌」として伝えられていきました。語呂合わせで
暗記するのは今も昔も変わらないのですね。

なんだか大きく脱線してしまいましたが、今回の箇所は原理的な話で、11章の
残りの部分で具体的な話が示されていきます。というわけで内容的な面について
の話は次回に持ち越しといたします。

投稿者 Masaki : 23:43

2004年11月09日

No.44

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
silva speculationis       思索の森
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<ヨーロッパ中世探訪のための小窓>
no.44 2004/11/06

------クロスオーバー-------------------------
旅のリスク

日本の若者がイラクで殺害された事件は、旅することのリスクについて改めて考
えさせます。その若者は、あるいは自分が向かおうとする当地のリスクについて
思い違いをしていたのかもしれませんが(情報が不足して?)、いずれにして
も、旅というのは元来一筋縄ではいきません。今は交通手段が大いに発展し、海
外旅行も簡単に出来ます。ですが、根底には相変わらず同じようなリスクが横た
わっている、というふうに見ることもできるかもしれません。ただ旅の時間が短
縮され、あちこちで旅行客をケアする体制(団体ツアー、事前予約、添乗員など
など)が整ってきたために、かつてのようなリスクが表面化することはきわめて
稀になった、ということなのではないかと思います。ですが一皮むけば、そこに
あるのは紛れもなく生死に関わる危険なのでしょう。

そうした根底的リスクについての認識を研ぎ澄ますためにも、ある種の旅の考古
学といったものが必要になってくるのではないかと思います。近年では、中世に
おける旅(聖地巡礼など)をテーマにした研究も数多くなされていますが、そう
した旅のリスクという面からのアプローチは意外に少ないようです。とはいえ、
そうした問題を考える上で間接的に有益な研究はいろいろあります。例えば中世
の巡礼路にできた支援組織(兄弟団や施療院)の調査などです。『中世環地中海
圏都市の救貧』(慶應義塾大学出版会)所収の関哲行氏の論考「中近世スペイン
の救貧」には、本来は巡礼者への接待用施設だったという施療院の規模について
の言及があり、16世紀のサンチャゴ王立施療院の例では、部屋数こそ少ないも
のの(大部屋だったのですね)、ベッドの共用やマットレスの使用などで100人
以上の巡礼者が宿泊できただろうとしています。巡礼者には、身分の高い人もい
ればそうでない人もいたようです。身分の高い人なら当然従者も同行するでしょ
うし、そうでない場合にも、病人が多く含まれていたとされますから、当時の巡
礼行は、基本的に数人以上の単位での団体旅行だったことが窺えるのではないで
しょうか。

ある意味で、文学作品に描かれる旅も考えるヒントになるかもしれません。『中
世ヨーロッパの時空間移動』(渓水社)は旅をテーマとした中世文学研究の論集
で、例えば四反田想氏の「中世ドイツ文学にみる旅」では、12世紀後半に人気
を博したドイツのアーサー王物語群での「冒険」の意味について簡単に考察して
います。一騎打ちの相手を求め、騎士が武者修行として一人で旅をする、という
のはアーサー王物語群ではわりによく出てきますが、そうした一人旅がどれだけ
あったのかは逆に疑問になります。傭兵制度もまだやっと確立されはじめる頃合
いですから、騎士が各地を放浪(仕官の口を求めて?)するなどの動きがそれほ
どあったようには思われません。そうしてみると、単独行はやはり、ヒロイック
な想像の産物という側面が強いように思われます。また、話は違いますが、同書
所収の原野昇氏の「旅と巡礼の表象」では、『ロランの歌』の成立時期とサン
チャゴ・デ・コンポステラへの巡礼行の流行時期との重なりが指摘されていま
す。同論文で紹介されている武勲詩の起源の問題(巡礼路沿いに伝わる伝承を集
めたもの、という説があるのですね)は置いておくとしても、『ロランの歌』に
描かれる行軍や危険には、巡礼に赴く人々の身構え方が反映されているかもしれ
ません。

いずれにしても、このあたり、突き詰めていけば面白そうなテーマになると思い
ます。旅のリスクを低減するための対応として真っ先に浮かぶのは、情報収集と
集団的連携ですが、古代や中世以来、それらがどのように組織化され洗練されて
いったのか、検討しがいのある問題ではないでしょうか。


------文献講読シリーズ-----------------------
ダンテ「帝政論」その9

今回は10章から11章の冒頭までを見ていきます。ダンテの君主制擁護の議論
は、ここでは諍いの調停という観点から語られています。

               # # # # # #
X. 1. Et ubicunque potest esse litigium, ibi debet esse iudicium; aliter esset
inperfectum sine proprio perfectivo: quod est impossibile, cum Deus et
natura in necessariis non deficiat.
2. Inter omnes duos principes, quorum alter alteri minime subiectus est,
potest esse litigium vel culpa ipsorum vel etiam subditorum—quod de se
patet—: ergo inter tales oportet esse iudicium.
3. Et cum alter de altero cognoscere non possit ex quo alter alteri non
subditur—nam par in parem non habet imperium—oportet esse tertium
iurisdictionis amplioris qui ambitu sui iuris ambobus principetur. Et hic aut
erit Monarcha aut non.

10章
1. 諍いのありうる場所では、裁きが下されなくてはならない。さもないと適切
な是正もなされないまま、不完全な状態が続いてしまうことになってしまう。だ
がそれはありえない。なぜなら、神と自然は必要なことを欠いたりはしないから
だ。
2. 支配者が二人いて、一方がもう一方に従属するのではない場合、本人たち、
もしくは従者たちの過失により、諍いが生じうる。このことは明白である。し
がって、そうした場合には裁きが下されなくてはならない。
3. 一方が他方に従属するのではない以上、一方が他方の取り調べをすることは
できない。等しい立場の者は、等しい立場の者に対して権力を行使できないので
ある。この場合、おのれの権能の範囲によって両者を支配できる、より広範な権
限をもった第三者が必要となる。それは君主であったり、そうでなかっりするだ
ろう。


4. Si sic, habetur propositum; si non, iterum habebit sibi coequalem extra
ambitum sue iurisdictionis: tunc iterum necessarius erit tertius alius.
5. Et sic aut erit processus in infinitum, quod esse non potest, aut oportebit
devenire ad iudicem primum et summum, de cuius iudicio cuncta litigia
dirimantur sive mediate sive inmediate: et hic erit Monarcha sive Imperator.
Est igitur Monarchia necessaria mundo.
6. Et hanc rationem videbat Phylosophus cum dicebat: "Entia nolunt male
disponi; malum autem pluralitas principatuum: unus ergo princeps".

4. 、君主であるならば、企ては完了だ。そうでないならば、自分の権能を超え
た同じ立場の者が存在することになるだろう。かくして再び別の第三者が必要に
なるだろう。
5. 無限のプロセスになるか(それはありえないが)、あるいは第一の、最高の
仲裁者が到来するかである。その仲裁者の裁きによって、諍いはすべて、直接な
いし間接的に解消することになるだろう。それが君主または皇帝だろう。このよ
うに、君主制は世界にとって必要なのである。
6. 次のように述べる際、哲学者(アリストテレス)はそうした考えを抱いてい
たのだ。「存在するものは悪しき支配を望まない。複数の長がいるのは悪しきこ
とである。したがって支配者は一人でなくてはならない」。


XI. 1. Preterea, mundus optime dispositus est cum iustitia in eo potissima
est. Unde Virgilius commendare volens illud seculum quod suo tempore
surgere videbatur, in suis Buccolicis cantabat: Iam redit et Virgo, redeunt
Saturnia regna. 'Virgo' nanque vocabatur iustitia, quam etiam 'Astream'
vocabant 'Saturnia regna' dicebant optima tempora, que etiam 'aurea'
nuncupabant.
2. Iustitia potissima est solum sub Monarcha: ergo ad optimam mundi
dispositionem requiritur esse Monarchiam sive Imperium.
3. Ad evidentiam subassumpte sciendum quod iustitia, de se et in propria
natura considerata, est quedam rectitudo sive regula obliquum hinc inde
abiciens: et sic non recipit magis et minus, quemadmodum albedo in suo
abstracto considerata.

11章
1. 加えて、世界において正義が最大の力を持つとき、世界は最も善く秩序立て
られる。そのためウェルギリウスは、自分の治下において出現しつつあった時代
を讃えたいと考え、『田園詩』にこう詠んだのだ。「女神が戻り、サトゥルヌス
の治世がよみがえる」。「女神」とは正義のことで、「アストライア」とも呼ば
れていた。「サトゥルヌスの治世」とは最も善き時代、いわゆる「黄金時代」の
ことである。
2. 正義が最大の力をもつのは、君主制のもとでしかありえない。したがって、
世界に最善の秩序をもたらすには、君主制または帝政が必要とされるのである。
3. こうしたことを自明の理と捉えるために、次のことを知る必要がある。すな
わち正義は、それ自体、その本質的特性で考えた場合、なんらかの直線性なので
あり、あるいは曲がったものをそこから排除する規則なのである。白の色をその
抽象的な形で考えた場合のように、大小の差などそこでは受け入れられない。
               # # # # # #

10章6節で引用されるアリストテレスの一節は、『形而上学』第12巻の末尾
(1076a)からのものです。11章1節ではウェルギリウスの『田園詩』が引用
されますが、これは第4歌6行目からです。アストライアはギリシア神話におけ
るゼウスとテミスの娘で、正義の女神です。ラテン語はvirgo(処女)になって
いますが、これは要するに対の男性神を必要としない女神ということですね。黄
金時代は、ローマ神話でユピテル以前の農耕の神サトゥルヌスの治世とされま
す。

言うまでもなく、ウェルギリウス(前70年から前19年)は古代ローマを代表す
る詩人です。北イタリアはマントヴァ近郊で生まれ、ミラノ、ローマ、ナポリな
どで教育を受ける一方、幼少の頃から詩作をたしなんだといいます。作品には
『田園詩』のほか、『農耕詩』『アエネーイス』(ローマ創設神話)があります
ね。今道友信氏の『ダンテ「神曲」講義』(みすず書房)では、ダンテの詩作的
源泉の一つとしてウェルギリウスの『アエネーイス』が取り上げられています。
前42年ごろ、イタリア内乱の影響を受けてウェルギリウスは土地財産を奪われ
ますが(兵士の報償とするため土地が没収されたのでした)、政界の友人らの働
きかけで返してもらうことができました。『田園詩』の一部(第1歌、第9歌)
はこの時の体験が元になっているとされ、土地を追われた羊飼いの嘆きが詠われ
ています。これまたダンテの境遇に重なる部分もありそうですね。

10章では、諍いは上位の権威者によって調停されなければならないものの、そ
の上位者に別の同等の者がいればまたそこで諍いが起き、またそららの上位者が
必要になり、こうして争いは無限に繰り返される、しかしそれは不可能なので、
最終的に一人の最高権威者が必要になるという風に論じられていきます。これ自
体はキリスト教をモデルにして中世に広く浸透していた階級論ですが、それより
もむしろ、ここではダンテにおける(そして今なお政治的な言説に広く見られ
る)両義性といいますか、微細な違和感に注目したい気がします。つまり、理想
論として、目指すべき体制を主張するのが趣旨であるにもかかわらず、その言説
は、体制が移行する必然的原理としてひたすら述べられる、ということです。か
つてのマルクス主義などにも見られた、救済の計画(意図的)と救済の進展(必
然的)との奇妙な混成物は、すでにこのダンテの論の中にも見て取ることができ
ます。そしてそうした混成物である限り、それは理想の具体的な実現方法(手
段)についての思考を妨げる結果になるのではないか、ということです。現代に
おいては、そうした混合物の解消(脱構築なんて言ってもよいでしょうけれど)
こそが、むしろ求められるのではないかと思いますが、いずれにしても、そうし
た言説の根っこの部分、つまり、なぜ、いかにしてそういう混成的な言説が成立
するのか、といった問題も、改めて探ってみる必要がありそうです。

さて、次回は11章を引き続き読んでいきます。11章は長いので、もう2回くら
いに分けて読むことになりそうです。ではまた。

投稿者 Masaki : 07:37