「IT、ガジェットなど」カテゴリーアーカイブ

集合知問題

私用でまた田舎へ。今回は新幹線内で西垣通『集合知とは何か』(中公新書、2013)を読む。これは小著ながら問題提起を含む一種の起爆剤かも。新幹線での移動のかったるい時間をふきとばすにはまさに最適(笑)。序盤はネット時代の集合知にもとづく直接民主主義待望論を批判。アローの定理などが引き合いに出され、一般意志2.0などは安直すぎると斥けられる。中盤は心身問題を中心に、一人称的なクオリアと、三人称的な客観世界とを繫ぐものとしての集合知の可能性が論じられる。このあたりはオートポイエーシスやサイバネティクスの通俗的理解の批判を経て、階層化された閉鎖システム(たとえば閉鎖システムである個人同士の対話を、これまた閉鎖システムである第三者が観察し知として獲得していく)というモデルが提案される。それはさらに拡張(?)されて、システムと環境のハイブリッドという概念が検証される。そして終盤。ライプニッツ的なモナド同士の対話から、中枢となるモナドが自然発生するプロセスを再現しているらしい、西川アサキという人のシミュレーションが取り上げられる。もとは知覚器官から脳の中枢が練り上げられる仮定のシミュレーションだというそのモデルを、著者は社会のコミュニティにおけるリーダーの輩出という文脈に読み替える。で、そのシミュレーションからは、開放系よりも閉鎖系のほうがそうしたリーダーは輩出しやすく、しかも安定化するという意外な結果が導かれるのだという。開放系では外部環境に他律的に依存して、唯一のリーダー(独裁)からリーダーなし(アナーキズム)の状況まで揺れ動き、安定しないのだそうだ。

すべての知識をオープンに、という方向性は、社会集団)においては理想とはならないのではないか、という、現在のIT系の進む方向性に警鐘を鳴らそうというのが著者のここでの眼目だ(同シミュレーションは、モナド同士が相手の「信用度」を、自分がもつ知識への応答をもとに評価するという形で進んでいくらしい)。なるほど興味深い結果ではある。でも、このシミュレーションの精度などがよくわからないので、なにかこう判断に迷う感じが拭えない……。閉鎖・開放の度合いは現実世界では様々だろうし、各種の要因で大きく変化するだろうし。システム内部のメンバーには不正行為なども一定数存在したりして、とてつもなく複雑になっているはずだ。リーダーへの従属関係はメンバーの価値観の多様性を損なわない程度の「ほどほど」がよいとされるけれど、それがどの程度を意味するのか見極めるのも難しいところだろうなあ、と。さらに、脳と感覚器官の関係と、リーダーと集団メンバーの関係は本当にパラレルに考えてよいのか、という疑問もある。自然発生的には仮にそうした突出があるにしても、生体はそれを強固なプログラムで囲って崩れないようにしてしまうのだとしたら、もしそういうメカニズムが社会集団においても働きうるのだととしたら……なんて考えると空恐ろしい(苦笑)。個人的には素朴な疑問や妄想がいろいろ沸き上がってきて、その意味でもとても刺激的な一冊だ。

Meadowの設定

Windows XPが入っている古い工人舎マシン(SA1F)に、久々にMeadowを入れてみる。このマシンからもギリシア語を入力できるようにしておきたかったからだけれど、一番簡単な方法(言語設定でgeek polytonicを選び、WordなどでフォントをPalatino Linotypeにする)のキーバインドに慣れるのが面倒だ、というのが主なモチーフ。Meadowならleim+quailでもっと直感的に入力できるという話なので、とりあえずネットインストールで入れてみた。参考にしたサイトはこちら(Meadow 3.00)。設定ファイル.emacsは、Meadow本体のあるディレクトリ直下にあるdot.emacs.jpを名前を変えてホームディレクトリ(に指定したディレクトリ)にコピーしてから作業する。上のサイトにあるように、mule-fontsを入れて、greek-polytonic.elを置き、コマンドで有効にする。quailでlatin-1あたりの欧文を打ったことがあれば、とても楽にギリシア文字が打てる。アクセント記号を有気or無気、鋭or重と重ねて打ち込んでいける。ちょうど文字を書くときの感じ。もちろん、「それでは二度手間、三度手間になってしまい、キーボードで打つ意味がないではないか」という人もいるだろうけれど、そういう方にはお薦めしない。

さらにせっかくMeadowを入れたのだからと、ツイッターのクライアントも入れてしまおうと思い、twittering-modeも入れてみる。最初、上のネットワークインストールで入れたものの、これはバージョン古すぎで使用不可。大元のサイト(twmode.sourceforge.net)にある、gitレポジトリのクローンを利用したい。そのためには、Windows用のUNIX環境、Cygwinをインストールしなくてはならない。これもネットワークインストールで問題なし。参考サイトはこちら(Cygwin版Gitの環境構築)。あとはクローンしたディレクトリを、Meadowを入れたディレクトリ/packages/lispにディレクトリごとコピーするだけ(なぜかうちのマシンではこうしないと認識されない)。で、.emacsに(setq twittering-auth-method ‘xauth)と書いておく。これで、MeadowからM-x twitで起動する。参考サイトはこちら、使い方はこちらあたりを参考に。

ちなみに、MacのCarbon Emacsでも、同じgreek-polytonic.elを/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/leim/quailにコピーして、上のサイトにあるquailのアップデートを行えば、同じキーバインドで入力できる。twittering-modeは、MacPortあたりでgitを入れて(これ、結構時間かかるけど)、gitクローンのtwittering-modeディレクトリへのパスを.emacsで追加すればオッケー。

お試し:文献管理ソフト

ボチボチとは読んでいるものの、いろいろため込んでいるPDF文献(笑)。Acrobat Readerがバージョン10になって注釈機能が付いたことで、「書き込みしながら読む」みたいなことを多少ともバーチャルでできるようになり、とても重宝しているのだけれど、いかんせんダウンロードしてくるPDFはファイル名も雑多で、どれがどの論文だったか混乱してくる。というわけで、PDFの管理ソフトを試してみることにした。以前から少し噂を聞いていたMendeleyPapersあたりがやはり定番らしいので、とりあえず試してみる。で、結論から言うと、どちらも一長一短という感じ。

前者はとりあえず無料版。共同作業を視野に入れたソーシャル志向のツールという感じか。実際、オンラインサービスにアカウントを作る必要がある(無料だけど)。また、フォルダを指定しておくと、それを監視して自動的に登録してくれる機能などが便利そうではある。wordのファイルなんかも登録できる。まだそれほど長時間試してはいないのだけれど、内蔵ビューワの動作が若干怪しいときがある。日本語フォントに変な記号がくっついていたり、英文でもレイアウトがちょっとイカれていたり。これに対してシェアウエアの後者は、作りは結構しっかりしている気がする。ローカルにあるファイルを読み込んでMatchボタンを押すと、Google Scholarでもって検索をかけ、該当するものがあれば書誌情報などを取り込んでくれる。wordのファイルは登録できないような気がするが……。ま、ドローバックというほどのものでもないけれど。Mendeleyが内蔵ビューワで直接マーキングできるのに対して、Papersのほうは外部でAcrobat Readerを呼び出す必要があったりとかもする。このあたりはちょっと惜しいところかも。両者ともUIは結構似ているが、そのモデルになっているのはやはりiTunes。音楽のバラ売りと論文のバラ売り(無料のものも含めて)は、確かにパラレルな動きではあるわけだし、インターフェース的に似てくるのもある意味当然かもしれないけれど、いずれにしても(以前iOSについても言ったけど)こういうインターフェース面で一種のパラダイムを作ってしまうところがAppleの実に個性的なところだということを、今回もまた強く感じさせられる……。

……で、個人で楽しむ私のようなユーザからすると、案外Papersのほうがしっくりくる気がする。表示のバグも見あたらないし、シャアウエア代払ってもいいかなあ、なんて。

OmegaT

先にBentenがちょっと合わないという話をしたけれど、今度はそのベースにもなっている翻訳メモリツール、OmegaT(オメガテと読むのだそうだ)を試す。これはインターフェース的にちょっと良いかも(笑)。翻訳する原文が広く見渡せるのが良い感じ。起動すると最初に簡単な使い方ガイドが示される。翻訳作業を開発プロジェクトと見なして、翻訳する対象も用語集も出力も同一フォルダで管理しようというわけだ。ふむふむ。さっそくそのお試しも兼ねて、アフロディシアスのアレクサンドロスの『知性論(De intellectu)』(クレモナのゲラルドゥスによるラテン語訳)の訳出を初めてみた。暇を見て進めるつもり。ソースをラテン語にし、ターゲットを日本語に設定して読み込むと、分節ごとに表示されるので、それを訳して次に進む。西欧語のものは皆、ピリオドで区切って分節に分けているみたいで、ラテン語ものでもとくに問題はなし。用語集は自作するしかないみたいだけれど、一度作れば流用できそう。ま、繰り返しの多い文章なら絶大かも>翻訳メモリ。

ただ、これはあくまで「始めにテキストありき」の場合向け。電子化されていない文書を打ち込みながら同時に訳してくというようなタイプの作業では、これはうまく使えない感じ。書籍などはOCRで読み込むなんて手もあるけれど、読み込んだ後の修正作業の手間を考えると、印刷ページ見ながら直接訳し出していくほうが速いんじゃないかあなあ、と。

ガジェットたちと安易さと

このところ、世間的にはもうすっかり定着しているものの個人的には「新しい」というガジェットの数々(笑)をいじって試している。EvernoteとかTwitterとか……やっと人並み?まだどういう用途を目指すのがいいのかわからないのだけれど、いじりながら見ていくしかないかなと。Evernoteは基本的にはクリッピング保管庫。携帯で書籍のページを撮影して画像を載せておくと、その画像内の文字列で検索がかけられる。ちょっとしたOCRの代わりみたいなことができるのだけれど、うーん、こういう外部記憶を多用しすぎると、自分でメモして脳裏に焼き付けるということをしなくなる感じもあるなあ。人は安易な方へと流れていきがちだし……。そういう安易さを売っているところが(最初は無料で使えるけれど、基本的には商売なので)なにやら少しあざといような……(苦笑)。

Twitterは、パソコンで少しばかり見ているうちはまったく手を出す気になれなかったのだけれど、携帯やiPod Touch(あるいはiPhone)のクライアントツールで眺めていると、世間的にこれだけ騒がれたわけがなんとなく理解できる(気がする)。今さらだけれど、基本的にはRSSの延長みたいな感じっすね。RSSを使って相互にやり取りができるみたいな。RSSもブラウザで見るよりはRSSリーダーで読む方がよいのと同じ理屈か。RSSは全文表示だとむちゃくちゃ長いとか、ダイジェスト表示だと場合により何の話なのかすらわからないなんてことが起こりうるのだけれど、なるほど、これを140文字で制限したというのが絶妙なのか。この長さ、クライアントツールで見るにはちょうどよいもんねえ。でも、やっぱりこれも安易な方に流れていきそうで……下らない無意味なツィートをついつい流してしまう……。ちなみにアカウントはtwitter.com/sxolastikos。あまり面白くもないでしょうけれど、フォローとかよろしくです。

もう一つ、翻訳支援ツールBentenも少し触ってみた。プログラミングの開発環境(Eclipse)でもって、翻訳メモリ(つまり定形的な訳語の蓄積)などの機能を活かして翻訳しましょ、というものなのだけれど、このどこか一対一対応的な発想から抜けていないところが個人的には今一つ。文単位で訳していきましょうというわけなのだけれど、ときには二文をくっつけたり、一文を分けたりするようなことだって、まったく不要というわけではないし、訳語だって、定形のものばかり当てはめていくより、どんどん言い換えていく方が読みやすい文章になると思うし。ま、マニュアルみたいなバリバリの技術系文書の翻訳にならある程度使えるかもしれないけれど、本来はより柔軟であるはずのマーケティング系の文書の翻訳にはちょっと厳しい気がする……。この二つ、本来は全然スタンスが違うのに、ごちゃまぜにしている企業とかやたら多いよなあ。これもまた安易な方への流れ?うーん、エントロピーの増大か。先の『時間と生命』ではないけれど、秩序を作るにはやはりそれなりのエネルギーが必要……。