確率と現実のあいだ

実在とは何か マヨラナの失踪 (講談社選書メチエ)

この夏に読んだフランクリン『蓋然性の探究』の余波が個人的には予想以上に長く続いている感じがする。確率計算のような最適解のいわば理想世界と、この上なく不規則な現実・実在とのすき間・落差について、改めて考えている。そんな中、次の一冊もまさにそういう問題系を扱っている。ジョルジョ・アガンベン『実在とは何か マヨラナの失踪 (講談社選書メチエ)』(上村忠男訳、講談社メティエ、2018)。体裁的にもちょっと面白い一冊で、1938年に失踪したイタリアの物理学者マヨラナについて、その失踪に哲学的にアプローチしてみせたアガンベンの論考と、そのマヨラナが物理と社会学とにまたがる統計的法則について批判的に論じた論文、そしてそこで言及される16世紀のカルダーノ(賭博好きだったそうな)のゲームに関する確率論を採録している。アガンベンの挑戦的な議論は、量子力学への確率論的な立場の導入について、当時の批判的な文脈を掘り起こし(哲学者のシモーヌ・ヴェイユがそういう批判を展開していたことを、個人的には寡聞にして知らなかった)、そうした文脈の歴史的起源(パスカルから、さらにはカルダーノにまで遡る)を示してみせ、マヨラナの失踪がその延長線上にあるのではないかとの大胆な仮説(!)を提示してみせる。刺激的な読解ではあるが、確率論を奉じる人々からすれば、おそらくは意味不明な議論と見なされるかもしれない嫌いはある……。

卑近な例で恐縮だが、最近とある私的な小さなSNSで、オスプレイの「落ちやすさ」は確率論的には通常のヘリなどと変わらないという主張と、それが上空をいつも飛んでいて恐怖を覚えるという主張とがぶつかって、あわや炎上かという事態を目にした(結局そうはならなかったのだが)。また、機械学習の手慰み的に、過去のデータを学習させて明日の株価などを予測するという行為が、さして成果を挙げられないという話もネット上では散見される。これらなども、確率的世界と実在的世界との間隙をかなりあざやかに示している。確率論はあくまで可能的な状態の出来事に関わるものだが、一方でそれはすぐさま実在の領域に重ね合わせられる。確率論は構造として、そうした実在領域での判断を、たとえそれが誤謬推理であってもとにかく可能にし、意思決定になんらかの影響を与えうるものとなっている。けれどもそうした確率論は、実在の領域そのものを捉えることはできず(散らばる実データと、たとえば二乗平均の平方根の直線を見てみればよい)、実在領域に合致したとしてもそれは偶然でしかないことは、もとより忘れられてはならない。人工灯で照らされているような印象であっても、その先が真っ暗であることは明らかだ。では、そうであるならば、再度翻って、実在へのアプローチの可能性はどこにあるのだろうか。マヨラナの失踪が突きつけるのは、そんな問いかけなのだ、とアガンベンは語っている。

抵抗する身体の話

もはや書けなかった男今週はフランソワ・マトゥロン『もはや書けなかった男』(市川良彦訳、航思社、2018)を読了。著者はアルチュセールの研究者。その著者が卒倒を患い、後遺症との闘病のなかで綴っていったテキストを、著者の友人でもある訳者が邦訳したという一冊。回復と悪化の一進一退を赤裸々に綴っている。とくに本人の意志と関係なく排便を繰り返してしまう身体が、なにか底知れない不気味さ(前にも取り上げた西欧的な恐れの感情か)を漂わせながらも、客観視されているのが眼を惹く。日に複数回の、意図しない排便。「わざとやっているのか」とキレる世話をする立場の長女。失禁するかもという不安、言い知れない予感めいた恐怖……。認知症患者の親の介護をやっていると、排便に関して似たような状況がときおり唐突にやって来るが、その際には親もまた、そうした失禁の恐怖や身体に裏切られる感覚を味わっているのだろうか、などと卑近な例でつい考えてしまう。

テキストの全体は、ほかにアルチュセールに関する発表の中味をめぐる思考の動きや、書かれたテキストを友人らに送った際のその友人らの反応などが随所に挿入される。断章的に編集されて時系列も飛び飛びになっているようだが、それらがまた、テキスト全体に独特の詩的ともいえる余韻を残してもいる。ここで語られているのは、老いや裏切る身体といった、ある意味普遍的なテーマでもあり、老境に差し掛かった人ならば誰もが想定しうる状況の断片と言えるかもしれない。そんなわけで若い人はピンと来ないかもしれないけれど、これはとても切実で悲痛な、それでいてどこかオプティミスティックなもの、希望の断片のようなものをも含み持った誠実なテキストであると思われる。というか、そういう入り方ができるだけ、自分も歳を取ってきたのだなあと、痛感させられる。

言語において失われるもの

エコラリアス

まだちょうど半分くらいのところまでしか読んでいないが、これはすでにして名著の予感。ダニエル・ヘラー=ローゼン『エコラリアス——言語の忘却について』(関口涼子訳、みすず書房、2018)。副題にあるとおり、言語の諸相において忘却されるものについての試論。忘却されるものというか、要は言語において失われるものについての検討というところ。それはたとえば言語取得に際しての幼児の喃語に見られる異質な発音だったりするだろう(1章)。けれどもその痕跡の一部はオノマトペや感嘆詞・間投詞に残存もしくは復活する(2章)。音素もときに消滅すること(4章)は、たとえばフランス語の無音のeや、hで表される各国語の帯気音の衰退(5章)に託されて語られている。言語に生死の概念を当てはめるという伝統についても検討されていて、どうやらそれがイタリア・ルネサンスに遡ることも紹介されている(7章)。「言語の死」といった生物学的メタファーはすぐに頻繁に使われるようになったというが、その後それが理論化されることはほとんどなかったとされ、20世紀になってようやく研究が現れ始めたという。それにしても、言語話者がいなくなることをもって言語の死と断定することも実は難しく、話者の生前にすでに使われなくなっていたり、話者の消滅後もなんらかのかたちで存続したりすることもあるようで、言語の死亡診断書は簡単には書けない、ということを著者は訴えている。うーむ、慧眼。

また、ヘブライ語の話は前半部分の大きなウエートを占めている。ヘブライ語のアレフの記号が歴史的に発音できないものになっている話(3章)のほか、音声を失った古ヘブライ語にアラビア語の韻律を適用した話(6章)、近代のヘブライ語の成立について(10章)など、様々な話が取り上げられている。イスラエル建国時のヘブライ語の復興について、一部の言語学者たちはそれを「ヘブライ語のヴェールを纏ったヨーロッパ語」だと評価し、ポール・ウィスクラーという学者にいたっては、それがイディッシュ語(高地ドイツ語の一つ)の継承にほかならないとさえ述べているという。興味深いことに、同書の著者はそのウィスクラーの論が、基層を一つ想定してそこに別様の層が重なるという基層理論の公理を無批判的に採用しているとして、その理論そのものに疑義を差し挟む可能性を示唆している。これまた慧眼。

ダンテ『水と土……』挿入図3

9

ダンテ『水と土の二つの元素の形状と位置について』第19節の挿入図。

雑感——動物行動学の陥穽?

洞察の起源: 動物からヒトへ、状況を理解し、他者を読む力はいかに進化したか

まだまだ暑いが、夏休み気分はとりあえず脱した感じの今日この頃、リチャード・W・バーン『洞察の起源: 動物からヒトへ、状況を理解し、他者を読む力はいかに進化したか』(小山高正ほか訳、新曜社、2018)を眺めている。タイトルに惹かれて哲学書かと思って購入したら、動物行動学系の本だった(笑)。洞察という状況理解の能力が、動物からヒトへとどう進化したかを推察する書で、それはそれなりにエピソードも豊富で楽しくはあるのだが(ヒトの眼が視線追従できやすいかたちに配置されている話とか)、動物行動学からの議論を読むといつも気になることがある。それはつまり、現存する動物たちの行動に関する推察を、人間の過去へと投射するというそのやり方だ。そうした投射にはつい違和感を覚えてしまう。もちろんそうした投射は、進化の議論などを通じて理論上はそれなりに正当化されうるものではあるのだろうけれど、それにしても扱う題材として現存するいきものが、人間の過去にあてがわれ(幻想の過去に位置付けられ)、そうして人間のある種の優位性は問われないままとなる、という点が問題として残る。この図式、なんとかならんものなのか、というのがいつもついて回る感じだ。これに囚われ始めると、どうも肝心の本の中味になかなか浸りきれなくなってしまう。というわけで、同書についてもまだ半分くらいのところをウロウロしている。

Page 1 of 273
1 2 3 273