混迷の時代に「魂」について語る

秋読書の一環として手にとったが、これはなんとも渋みのある良書。フランソワ・チェン『魂について: ある女性への七つの手紙』(内山憲一訳、水声社、2018)。チェン(1929 – )は中国出身の、フランス語で書く作家・詩人。アジア系初のアカデミー・フランセーズ会員でもある。そのチェンが2016年に刊行したのが、この『魂について』。哲学的な思考を書簡形式で小説風に、あるいは散文詩的に綴ったもの。ある女性からの問いかけを受けて、「魂」というものについて考察した軌跡をかたちにしたものという体裁だ。散文詩・小説的な形式が、哲学的な考察を記す理想的な形式の1つかもしれないことを改めて感じさせる。

思想の世界で「魂」が語られなくなって久しいが、それについてチェンは、精神と身体の二元論を学術的に固定するために魂についての議論は排除されていると捉える。けれども人の生と死をめぐる様々な問いかけを前にするとき、魂の復権はむしろ必須ではないかと訴えかけてくる。「魂は私たち各人の内に鳴り響く通奏低音である」(ジャック・ド・ブルボン=ビュッセ)なのだから、と。この魂の定義は、同書において何度も繰り返される。

(――やや些末な余談で恐縮だが、通奏低音(basse continue)はフランスでもよく誤って通低音(ドローン、仏語ではbourdon)と混同される。ここでも、どちらのことを言っているのか若干曖昧でもある。バロック音楽の通奏低音は、旋律の低音に和音を即興的につける伴奏のことを言うが、チェンは息吹を例に出していることなどから、どちらかというとドローンのことを意図している感じを受けないでもない。通奏低音という言い方がフランスも含めて世間的に独り歩きしているのは困った事態かもしれない……)

話をもどそう。魂をめぐる西欧の言説にはもちろん長い伝統があり、チェンは文献的に少しばかりそれを振り返ったりもする。けれども、主眼となるのは、「魂」というものを喚起する様々な事象、体験、記憶を掘り起こすこと、そこになんらかの実体を思い描くことにある。身体にも精神にも還元されない、あわい(間)に位置するものの一端が、感情・情動の起伏として顔をのぞかせる。そんな風景を、チェンは様々に綴っていく。文学作品や思想家の表現の端々に、あるいは中国語の言い回しの機微に、その「あわい」がほの見えるが、実はそれはとてつもなく深遠かつ広大だ、といわんばかりに。そのあたり、かつて河合隼雄が、魂と精神との位相を氷山の全体とその表面の一角に例えていたのを思い出した。

さらにチェンに言わせれば、魂は個人だけの問題ではない。それは世界に通じる根源的な「道」(儒教的・道教的な意味も含めて)でもあり、社会についての想像力をも開くものでもある。こうしてチェンは同書を構成する書簡の最後のものにおいて、シモーヌ・ヴェイユを取り上げている。ヴェイユは何度も繰り返し「魂」を引き合いに出している数少ない近現代の哲学者なのだという。しかもそれを貫いているのはある種のプラトン主義、そしてキリスト教的視座なのだ、と。なるほど、ヴェイユにおけるプラトン主義というのは、前に一度目にしたことはあるが、それきりになっていたっけ。改めて新たな課題をもらった気がする。

キネクト賛

何周もの周回遅れ(5年くらい遅れてる?)ながら、最近kinect v1を中古で購入し遊んでいる。言わずと知れたxbox 360用の深度センサー&モーションキャプチャデバイス。Processingやopenframeworks(oF)からも使えるということなので、今回購入してみた。実際に触れてみると、これがまたなかなか楽しい。

Mac用のProcessing 3で使うにはドライバなどは不要。ただしライブラリ(アドオン)としてSimpleOpenNIなどが必要になる。oFのほうでは、ofxOpenNIやofxKinectといったアドオンが必要。mac用のoFでは、ofxKinectはすでに標準で入っている。ただofxKinectは少し用途が限られている印象で、少し制約もあるようだ(スケルトンの追跡とかができない)。ofxOpenNIもインストールしてみたものの、コードをコンパイルしようとするとエラーが多々噴出する。macのXcode 11ではコンパイルできないし、qtcreatorでもダメ。というわけで、とりあえずoFではofxKinect、ProcessingではSimpleOpenNIを使うことに落ち着く。

ためしに、こちらの「simple-openniの覚え書き」を参考に、「こじ研」のチュートリアルでofxOpenNIでやっている近距離レーダーみたいなやつを、Processing + SimpleOpenNIで再現してみる。

sketch_radar

画像の深度を上から見た図、ということのようで、これはいろいろ応用できそうな気がする。四肢のトラッキングもできるようなので、たとえばバロックダンスの舞踏譜のような記録を取ったりとか(個人的にバロックダンスは踊れないけれど……)。活用の妄想が膨らむ(苦笑)。

イメージ学に(再び)出会う

イメージ学の現在: ヴァールブルクから神経系イメージ学へ秋はやはりちょっと厚い本に挑む季節でもある(笑)。というわけで、個人的に今年はまず、春先ごろに出ていたこれ。坂本泰宏・田中純・竹峰義和編『イメージ学の現在: ヴァールブルクから神経系イメージ学へ』(東京大学出版会、2019)。ドイツ発の先進的な学際的ムーブメント、イメージ学をめぐる一冊。シンポジウムがもとになった論集ということだが、5部構成の全体のうち、まだ2部のみをざっと眺めただけだけれど、多彩な論考から立ち現れてくるのは、広がりをもった「イメージの現象学」にほかならない。なんといってもこの冒頭部分のうちで目を引くのは、そのイメージ学の中心人物、ブレーデカンプへのインタビューだ。

美術史が取り上げてきた芸術の造形的中心主義から、少しばかり視点をずらしたアプローチをかけることによって、それまでの学知が取りこぼしてきたようなモチーフであったり隠されたテーマであったりというものを拾い上げ、さらに隣接領域の学知を着想源として、それを見えなくしている力学までをも解き明かそうとする。芸術作品が働きかけてくるその様々な動線を見極めること。ブレーデカンプ自身の言葉遣いなら「非媒介的な身振り」なのだそうだが、それは「イメージが表現と表現されたものとの間に入り込む固有の自然力(ピュシス)を示している、という意識を喚起すること」(p.85)だという。そもそも絵画などの作品を見ること自体が、身体そのものの微動(眼球運動など)を伴っているのであって、絶対的な静止状態にはない。ならば、そうした複合的な知覚体験、身体機構の研究もまたテーマにしないわけにはいかない、などなど……。

収録された各論文にも、そうした別様の視点、取りこぼされてきた領域やテーマがそれぞれに息づいている。取り上げられるのは、原寸大写真であったり(橋本一径)、アニメに描かれる身体の不気味さだったり(石岡良治)、甲冑の表象史だったり(イェーガー)、原理主義的なイスラム派により破壊された像の現象学的作用だったりする(ブレーデカンプ)。こうした多彩な着目点と、そこから導かれる学知的広がりは、ある意味とても壮麗だ。そんなわけでこれは、読みかけながら、すでにして個人的に何度も見かえして楽しめそうな論集になっている。

神話化のプロセス

以前、プルタルコスの『モラリア』から、動物の知性について論じた第63論文「陸生動物と海洋動物はどちらがより賢いか」を読んだが、個人的に、海洋生物についての記述の比重が高かったのがとりわけ印象的だった。観察にもとづくと思われる亀の産卵の工夫とか、伝聞・伝承によるものらしいイルカが難破船を救助した話とか。動物の知性を称揚するあたっては、この後者のように、ときおり神話・伝説の類に言及し、虚実織り交ぜての議論も目についた。今でこそ、そうした伝承譚は無害な神話・伝説としてカテゴライズされているわけだけれど、では新たな神話は生まれていないかといえばそんなこともなく、私たちは案外、多くの神話に取り巻かれて生きている……。

神聖なる海獣―なぜ鯨が西洋で特別扱いされるのかそういう感慨にふけるきっかけは、一つには次の本を読みかけだから。河島基弘『神聖なる海獣―なぜ鯨が西洋で特別扱いされるのか』(ナカニシヤ出版、2011)。これは現代の捕鯨問題についての歴史的背景を負った好著。かつての捕鯨国だったアメリカが反捕鯨に転じたことや、ほかの動物について不問にする不整合的な姿勢などについて、どういう史的な経緯でそうなったのかを、かなり具体的に説明づけようとしている。反捕鯨の現象面だけでなく(それでは表層的なジャーナリズムでしかなくなってしまう)、その裏側(動物の権利をめぐる思想的流れ)、力学(政治家たちの暗躍)、複合性(環境保護団体、ビジネス、マスメディアなどなど)といった様々な側面を捉えようとするところに、アカデミズム的な真摯さがある。様々な要素が組み合わされて出来上がった異物は、まさにさながら反捕鯨の一大神話だ。それは体系をなし、そう簡単には揺るがない。いったんそうした神話系ができてしまうと、それは自走しみずから拡張するようにさえなっていく……。

そういうものはもちろん捕鯨問題だけではなく、これは現代の神話化作用についての重要なケーススタディとしても読むことができそうだ。

このところの設定作業

2週間ほどブログも本読みもお休みして、とくに今週は各種の環境設定に明け暮れる。こういうのは久々だ。まず古いMacBook Airをchrome端末にすべくCloudReadyを入れる。これは簡単。で、それに付属するLinuxをオンにして、Visual Studio Code(VSC)などをインストールして使えるようにする。これも問題なし。で、ProcessingをVSCから行えるようにしてみた。これはすでにWin10の環境でやっていた作業なので、これまたとくに問題なく完了(メモ。こちらの記述を参考。ただし、tasks.jsonに指定するsketch=以下は、${workspaceRoot}ではなく${fileDirname}とかにする)。

さて、問題はここから。せっかくなので、もう一つのアート系プログラミングフレームワーク、openframeworks(oF)もインストールしてみようかと考えた。すでにWin10でVisual Studio版(メモ:なんとVSも2019版では正しく動かず、2017版にダウングレード)、macでqtcreator版(メモ:qtcreatorもoF最新版もダメで、こちらの記事にあるように、qtは4.6.1、oFは0.10.0にする必要あり)のインストールを果たしたので、次はLinux版に挑戦というわけだ。ところがこれでハマる。手順は公式サイトにあるとおり。ところが、cloudreadyに入っているLinux(debianベースのpenguinというもの)では、そもそもinstall_dependencies.shがエラーで止まる。ライブラリの依存関係が変だという表示がでる。問題がありそうなライブラリなどを手動インストールするなどいろいろ試すも、うまく動いてくれない。試しにと、win10環境のWSLで入れたpengwin環境(これもdebian派生のディストリビューション)でもインストールを試みるが、ほぼ同じエラーが出て中断してしまう。

そのWin10環境で、試しにWSLにubuntuを入れて、そちらでoFが入れられるかどうかを試すと、install_dependencies.shは通るものの、compileOF.shがエラーで止まってしまう。エラーで検索をかけたりするも、解決できず。それで試しに、今度はoFのwin10のコマンドライン版というのを入れてみる。msys2という環境を入れなくてはならず結構面倒なのだが、そちらでもoFコンパイルは当初はエラーが出たものの、エラーで検索かけたところmsys2シェルではなくmingw2シェルで行えばよいということがわかり(!)、それで難なくコンパイル成功。ちゃんとサンプルコードのコンパイルもできた。これは単純にうれしい(メモ:ちなみに普通のコマンドシェルでは、やはりエラーが出てダメ)。

そこでちょっと、WSLのubuntuでも別シェルにすればうまくいくんじゃないかと思いつき、zshを入れてみる。そのzshからなら、なんとoFのコンパイル成功。やった、と思いきや、サンプルについてはコンパイルまでできるものの、実行するとディスプレイ系のエラーでコアを吐いて終了してしまう。うーん……。というわけで、いろいろやったものの、今のところLinux系はまだうまく動いていない。こんなことしてないで、早くコードそのものを書きたいのだけれどなあ。全般的にoFはすでに古くなっている(2017年止まり?)のが気になった。